【11月25日 道議会報告 ミラノ国際博覧会の成果は?


11月24日は、第4回定例道議会前の前日委員会で
午前中には
水産林務委員会、
午後からは、委員長を務める
食と観光対策特別委員会が開催されました。

24日の委員会では、
「2015年ミラノ国際博覧会等における
北海道の取組結果」について
報告と質疑が行われました。
image

委員会終了後になりましたが
私も、関連サイトなどを見てみましたが
終了後のフォローアップがないように思います。
実行委員会形式のイベントの
弱さでもあるかもしれません。

image

ミラノ国際博覧会でも明らかになった
ヨーロッパにおける北海道の認知度の低さを
今後どのように上げていくのか、
観光によって
スイスなどに見られるように
地域経営までつなげることができるのか
大きな宿題を抱えながら
仕事をしています。

私にできる最低限の役割として、
超党派の学習の機会を増やし、
道庁や道議会の内部の視点や
既存の団体の視点のみではなく
幅広い視点から観光政策が真の地域活性化につながるよう
心がけていますが、
簡単ではありません。

本来は交通政策や
第一次産業との連携がかなり重要で
いわゆる観光事業者、団体の枠を超えて
北海道の未来のための成果を
あげたいものです。

ほんとうに微力ですが
少しづつでも努力して
50年後の北海道の未来のために
貢献したいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
応援してくださる方は
是非、下のボタンを押してくださいませ。


アーカイブ