【ひろまる日記 No.181 ドラッカー365の金言 管理から提携へ】


昨日に引き続き、まだ、私自身が読んでいない
ネクスト・ソサイエティ からの引用が続く。
上田惇生先生のドラッカー入門によると
ネクストソサエティについて
「いよいよ社会が経済を変える時代が来た。
そのネクストソサイエティとは、いかなる社会か
それはいかに経済と経営を変えるかを示した。
本書は、日本のために書かれたというほどに説得力がある。
本書からドラッカーを読み始めたという人は多い」
と解説されている。

さて、365の金言に戻る。
(以下 ドラッカー365の金言から転載)
image

すべてを傘下に入れるという一体化の公理が陳腐化した。
原因は2つあった。
第一に知識が専門化した。高価となり、
自らすべてを賄うことが不可能になった。
時折しか使わない知識は急速に劣化する。

第二に、インターネットネットとeメールのおかげで、
コミュニケーション・コストが安くなった。
その結果、提携が成果をあげる組織方法となった。
あらゆる種類の事業活動がそうなった。
IT関連業務のアウトソーシングの一般化は、
そのはしりにすぎない。

(以上 転載終わり)

ドラッカーは私が読んだこれまでの著作では、
ポスト資本主義社会をあらわすものとして
知識社会と組織社会という言葉を使っている。

知識は、他者に貢献してはじめて活かされる。
ほとんどすべての人が
自分だけでは成果をあげることはできない。
image
ドラッカーは、知識について次のように言っている。
「知識とは、情報を仕事や成果に結びつける能力である」
「知識とは、個人や組織が何らかの成果をもたらすような行動を可能にし
何かあるいは誰かを変えるものである」

アウトソーシングについて
私は否定的にとらえることが多かったし、
事実、効率やコストを重視したアウトソーシングが
多かったのだと思うが、
成果や新たな価値を生み出すアウトソーシングの可能性も
考えていかねばならないのかもしれない。


アーカイブ