【活動報告 4月28日 POPで日本の景気回復〜4月のひろまる交流サロンです】


4月28日は、
早朝中国語会話からスタートし、
午前中は、議会でヒヤリング等。
午後から、全道庁退職者会に出席後、
白石区内で2つの講座を開催しました。

まず、15:00からは
当事務所で
かんたんフェイスブック講座を。
フェイスブックも含めたSNSの今後の見通しも踏まえた上で、
株式会社アークの加藤直樹社長から
その活用法などについてお話を聞きました。

image

続いて
18:30からは、
加藤さんにもお手伝いいただき、
「POPで日本の景気回復」をテーマに
ピーオーピーオリジン株式会社
http://poporigin.com拓也社長のお話を聞きました。

image

POPとは、日本語に直訳すると購買時点広告で、
消費者、国民に最も近いメデイアだそうです。
日本国内における総広告費は、この4年上昇を続けているが、
いわゆるマスメディアは減少傾向。
増えているのは、ネットや通信メディア、POPの広告費である
というところから、お話はスタートしました。

image

クイズ形式の講義や
参加者の方からのご質問にもあたたかく鋭く
答えていただきました。

今回、特に印象的だったのは。
POPは、
低価格勝負のための道具ではなく、
いかに、価値を高めるか、
いかに、情報や価値を伝えるためにあること。

また、
POP広告とは、「企業目線、売り手目線」の言葉を
「消費者目線」の言葉におきかえるものであるということが、
政治の現場にいる私にとっては
心にささるお話でした。

街頭宣伝や
道政だよりの発行など懸命に発信していますが、
発信側の目線では伝わらないし、
新しい文化を創造することもできないのです。

image

「人、組織、地域の強みを知り、活かす」
そのために必要な実践の道具として
POP広告の意義をしっかり学ばせていただきました。

今後、商店街のなかにあるわが事務所前にて、
POP広告などにも挑戦し、
できれば、商店街全体の雰囲気も変え、
そして、自分自身の広報活動にも
ネットや、道政だよりともあわせて
活用していきたいと思います。

image

次回は、5月26日 19:00から
「SNSの活用法」と題して、
加藤さんからお話いただく予定です。
情報の受け手、受け身の存在から、
情報を自ら、かつ、責任を持って
発信する側になる人が増えることが
地域社会の未来につながると信じています。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
応援してくださる方は、下のボタンをポチッとよろしくお願いします。


アーカイブ