【活動報告 5月25日 日本スウェーデン国交150周年に何ができるか】


5月25日 マグヌス・ローバック駐日スウェーデン大使をお迎えし、
日本とスウェーデンの国交樹立150年を記念に
何ができるのかを考えるワークショップが開催された。
北海道においては、当別町にある
スウェーデン交流センターを中心に
民間の草の根の外交が積み重ねられてきた。
image
私も、そのご縁で、昨年の10月に
スウェーデンのアウトドア教育を学びに現地に行き
今年の3月にスウェーデンのリンチョーピング大学の
シェパンスキー先生をお招きして講演会を開催し
そのご縁で参加させていただいた。
次の日程の関係でジーンズ着物で
おじゃました。

image

マグヌス・ローバック大使のお話は
とてもパワフルで示唆に富んだ内容でした。
まず、日本とスウェーデンの類似点を
「コンセンサス」を重視すること
そして、「ユニーク」であると認識していることだと話された。

image

スウェーデンは、アメリカへの移民などで
人口の3分の1が外に出て、
ヨーロッパを中心にしながら、そして、
近年はヨーロッパ外からも多くの異なる人種、文化、宗教を
急激に受け入れざるをえなかったこと。
それは発展の活力であり、同時に
最近は、外国人排斥を訴える政党が支持を集めたり
課題にも直面している。

image

さらに、スウェーデンの国家としての変わらぬ方向性として
5つあげられた。
⑴ 強い市場主義社会への志向を土台としつつ、
両輪としての総合的な福祉制度を重要とすること。
⑵性別や、性的嗜好にかかわらず全ての人の権利を保障し、
どう労働の役割を果たすかを保障すること。
⑶表現の自由ーとても繊細に大切にしてきた
⑷地球環境、環境保全に対する強い当事者意識、責任
⑸政治システム 〜 比例代表制
※フロアからの質問に答えての補足でしたが
徹底した政党、政策選挙で
地域への利益誘導による個々の政治家を選ぶことを
よしとしない。

会場からは、ある種のため息がもれていた。
image

さて、大使の講演の後は、2018年に何ができるかを
「答」ではなく「質問」によって
ともに考えるワークショップ。
ファシリテーターは、スウェーデンの視察でも
ひとかたならぬお世話になった
川崎一彦東海大学名誉教授。

image

私は、少し早めに
次の日程のため、会場を後にしたのだが、
ローバック大使にご挨拶し、
キーワードとしてアウトドア教育について
お話できたことをきっかけに、2018年までに
次の段階に進んでいきたい。

それにしても、
現在の北海道庁の
ある意味で、ヨーロッパ・北欧軽視の
国際交流政策は非常に残念である。

スウェーデンとのご縁は
今後も大事にし
北海道の未来につなげていきたい。

是非、応援してくださる方は、
下のボタンをポチッとお願いします。
※文中の写真は、スウェーデン交流センターさんが
アップされた写真をお借りしました。


アーカイブ