【活動報告 7月13日 北の先覚者たちー荒井金助・草山清太郎】


今日は、26回目を向かえる
北の先覚者を知る会の定例の勉強会です。

講師は、この会の座長でもある
舟本秀男 財界さっぽろ 社長です。

image
今日は、
当時の箱館奉行の掘織部正の命により
イシカリ開発にあたった荒井金助、
イシカリの水田の創始者であり
シノロ村の開祖とも言われる草山清太郎の
2名が取り上げられました。

image

私はこの勉強会のなかで初めて知るわけですが、
北海道の今には、
43歳で切腹という最期を遂げた
元箱館奉行「掘織部正」の功績が
かなり大きいと感じます。
札幌や、北海道の稲作のスタートにも
実は、彼の支援、方向づけが大きい。
チャレンジする人を
応援するリーダーであったのではないかと
推察します。
掘織部正に関しては、
下記の舟本座長のブログをご覧ください。
http://www.zaikaisapporo.co.jp/blog/北海道開拓の先覚者達(38)~堀織部正~
image

荒井金助は、
箱館奉行調役として、次のような事業を行います。

①アイヌ民族への非道な扱いを報告・是正。
②場所請負人の独占や、運上金制度を廃止。
※今でいう地方分権のような改革を行います。
③イシカリ地方最初の村の開墾
④対ロシアの防備と並行して
ロシア式の丸太小屋などの建築技術を導入
⑤千歳越、札幌越新道の開削
⑥屯田兵構想を持ち、学問と武芸を奨励
image

ところが、掘織部正の失脚に伴い
荒井金助自身も
五稜郭の堀で発見されるという
謎の多い死を遂げます。
ちょっと涙が出そうになりました。

image

次は、91歳で逝去するまで、
生涯一農夫として
イシカリにおける水田の創始者であるばかりではなく、
シノロ村の開祖として
荒井金助の施策を実際に現場で実践する
キーパーソンとして活躍した
草山清太郎が紹介されました。
松前藩は、永く稲作を禁止していたそうで
掘織部正がいなければ、
もしかすると、稲作へのチャレンジが
公的に支援されることはなかったかもしれませんね。

image

次回は、
札幌村の創始者でもある
大友亀太郎と、上田万平について
学びます。

是非、1人でも多くの方にご参加いただきたい
勉強会です。

よかったら下のボタンを押して
どんどん拡散お願いします。


アーカイブ