【活動報告 7月30日 本屋文化でまちを読む〜まち文化講座2回目】


7月30日は、塚田敏信先生率いる
「まち文化研究所」主催の
まち文化講座の第2回目です。
事務所スタッフの松井も
研究員として参画しています。

image

まず、本屋文化に入る前に
札幌市内で、唯一、活版印刷を
現在も行っている
二十四軒にある日章堂さんの
紹介からお話がスタート。
是非、おじゃましてみたいですね。

image

image

さて、
札幌の本屋さんの歴史は、
「かし本屋」からはじまるそうです。
かし本箱に入れて移動式で、
本を並べて待っているという商いでは
成り立たなかったようです。
ある意味で、今のAmazonの先駆けとも
言えるかもしれません。
image
その後、「かし本屋」さんから
富貴堂などの書店が生まれていきます。
また、前回のまち文化講座のテーマであった
薬局と併設するなど
雑誌を中心としながらも、
とても生活に身近なところに書店がありました。
image

白石区の本郷商店街のなかにも
書店が2軒ありました。
銭湯や映画館もあったそうですから、
当時の姿が偲ばれます。
北海道の書店数は、
2000年には、1006軒でしたが、
2015年には、668軒になりました。
一部で、復活の動きもありますが、
無書店町村も増えています。
ただ、これは全国書店名簿によるものなので、
実数とは異なりますので、
何か情報があったら教えてくださいね。
image
さて、先生が撮影され記録してきた
たくさんの写真や資料をもとに
お話が進みました。
ごくごく幼い頃は、
漫画しか読まなかった塚田先生が
最初に本を買ったのは
富貴堂さんですが、
なにわ書房さんが、とても魅力的だったそうです。
image
北海道にちなんだ本もさることながら
その本の仕入れや、作家との人脈なども含めて
素晴らしい店長さんがいらしたそうですよ。
さらに、なにわ書房さんの2階は、
日本全国の漫画好きの聖地とも
言われるほどのスペースだったとか。残念ですね。
そして、先生のお気に入りの札幌の本屋さんが
くすみ書房さんでした。
「中学生はこれを読め」
「売れない文庫」などのシリーズで
努力をされていましたが、こちらも
閉店となりました。
image
本屋が厳しくなった要因として、
塚田先生は、万引きの増加、
コンビニの発達により、雑誌の取扱いが減少したこと。
また、書籍買取販売業の存在を
指摘されていました。
image
読書人口の減少もありますが、
小樽の工藤書店の閉店も含めて
どんなまちづくりをするか、
あるいは経済政策を考える時
どうしても、ハード面が重要視されます。
しかし、これからの持続可能な地域社会にためには、
まち文化など文化資本に
光をあてることが重要ですね。
image
さて、先生がこの日、
力を入れて話されていたのが、
各地のミニコミ紙、地域情報誌の
存在の大切さです。
image
先生が現地に足を運んだり、
旅の途中の出会いで手にしたものを
一部ですが紹介していただきました。
大筆頭の谷根千からはじまって、
青森草紙/ステージガイド/
プレイガイドジャーナル/
京都かわら版/Oine/
1010 /野宿野郎/そうとう/
LIKE LIFE (北見)/街(函館)/
月刊とどろきゆきこ/
まるちゃん夕暮れ新聞

などなどなど…………
image
奇麗な体裁にするよりも、手描きで、
足を運んで取材して
思いのある人が集めた
その時だけしか切り取れない
その時だけの旬の情報がこれらの
「ペーパー」には記録されています。
みなさんの地域の
手作りの情報紙などがありましたら
是非、教えてくださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
もしよかったら
下のボタンをポチッと押して
応援してくださいませ。


アーカイブ