【ひろまる交流録 29】 札幌市 南 邦彦さん(共働かない稼げる主夫)


8月23日は、事務所に
先日airbnbの現状などについて
ひろまる交流サロンで講師もしていただいた
南邦彦さんに来ていただき、
少しだけ意見交換させていただきました。
写真はその時の勉強会の写真です。

image

今、民泊で課題になっているのは、
レセプション(受付)機能と
清掃など衛生面の課題と聞いています。
私は、今のネットによる人と人とのつながりや
新たな形での信用保障
(ホストもゲストも評価が公開されるそう)など
その良さを大切にしつつ、
地域のみなさんに受け入れていただける
北海道の方式のルールール・仕組みづくりを
考えています。

image

例えば、どこかの商店街や銭湯や、
ガソリンスタンド
地域によっては、旅館やホテルが
レセプション機能を持つことも
良いのではないでしょうか。
今あるパイを奪い合うのではなく
増やす発想が重要です。

image

そして、清掃面ですが、
現在、南さんはその清掃の仕事を
請け負われています。
ある程度時間があったり、
子連れでもOKなので
シングルマザーの応援にも
なるとのお話でした。

image

南さんとの出逢いは、
まだ、南さんが下川町で
お仕事している時でした。
町議会議員を
経験されたこともあります。
改めての不思議なご縁に驚いています。
地域の問題解決の新しい
動きにつながれば幸いです。

image

最後まで読んでくださって
ありがとうございます。
良かったら下のボタンをポチッと押して
応援よろしくお願いします。


アーカイブ