【活動報告 平成28年8月24日】雪氷エネルギーこそ北海道の力


ご縁あってNPO法人雪氷環境プロジェクトの
設立10周年記念 特別講演会に参加しました。
基調講演は元内閣総理大臣の
小泉純一郎さん。
会場に入る前に札幌市内の企業で
雪氷エネルギーを活用している企業や動物園を視察。
毎年、除雪・排雪に200億円以上を
支出している札幌の状況に触れ、
雪氷エネルギーの活用を呼びかけました。

image

小泉総理現役の時に
「雪氷」を「エネルギー」として閣議決定で位置づけがされ
それからのご縁だとか。
現在も農林水産省などを中心に
雪氷冷熱エネルギーを導入する農業施設に補助などが
実施されているそうです。

image

一方、お話の大半は
脱原発社会に向けた取り組みについて
でありました。

・原発がなくても経済成長はできる。
・原子力は決してコストの安いエネルギーではない。
・絶対に安全という産業や機械はない。
・総理大臣時代は官僚・専門家の情報を信じたが誤りだった。
・「もんじゅ」をはじめ莫大なコストをかけたから
撤退できないというのはあまりにも愚かである。
などなど…。

image

縷縷語られたことは、
新しい情報ではなく
古くから原発に反対する人たちのなかでは
当たり前のこととして言われてきたことで
少し違和感というかやりきれない思いは感じました。

image

ただ、道民にとって
やっかいものとされている雪氷をはじめとする
北海道の豊富な自然を活用して
北海道の食産業関連の皆さんの負担軽減になるような
あるいは、北海道の競争力強化につながるような
新たなエネルギー政策の実践ができるのであれば、
あらゆる皆さんの力をお借りしたいところです。

image

これまで地道に
試験研究やロビー活動、
普及啓発などの事業に取り組んできた
関係者の皆さんの努力に感謝します。

image

原発が一時
私たちの暮らしの豊かさを築く手段として
選択されたように、
(小泉元総理の言葉を借りれば
今は、手段だった原発推進が目的化している)
雪氷エネルギーが目的ではなく、
北海道の食産業振興など
北海道の強みを活かすための手段の1つとして
私も調査研究や提言をしていきたいと
改めて思いました。

image
応援してくださる方は
よければ下のボタンをポチッと
よろしくお願いします。


アーカイブ