【活動報告 平成28年8月26日】北海道自治立志塾〜森によばれている…


8月26日は朝1番のバスで
枝幸町から札幌へ。
運営のお手伝いをしている
前恵庭市長中島こうせいさんが主宰されている
「北海道自治立志塾」に駆けつけました。

image

最初のスピーカーは、
浦河町議会議員で元地域おこし協力隊の
武藤拓也さんです。
制度と受け入れの実態など
お話くださいました。
地域おこし協力隊のいわゆる卒業生は
道内でも1000人を越えるそうです。

image

この勉強会は
各議員が次の議会での
質問予定事項についてプレゼンし、
相互に厳しい評価や
建設的な質問となるよう情報交換をします。
9月から開催の定例議会の
質問予定内容について
短く報告させていただきました。

DSC_0009

それぞれの議員の発表の後、
概ね地域の現場での実践者を
ゲストに迎えます。
この北海道自治立志塾では、
地域の問題解決のキーワードに
「こども政策」を掲げており
そのようなゲストをお招きすることが
多いです。

image

それは、従来の
保育の充実や福祉的位置づけとしての
いわば、対症療法的な
子育て支援を少し越えて
遊びの環境保障や
こどもたちの可能性支援の
自治体政策の実践をめざしています。

image

今回のゲストは
NPO法人いぶり自然学校の上田融さん。
11月4日〜6日に開催される
森のようちえん全国フォーラムの
実行委員長でもあります。

image

植樹や育樹のためではなく
「勉強」のためでもなく
オープンなコミュニティセンターとしての森で
ママたちの起業や
総合学習から教科学習への意味づけや
生産活動の体験から地域資源の再評価などに
つながっている様々な実践例を
ご紹介いただきました。

image
この後、引き続き
こども環境学会の打ち合わせも行いました。
11月には安平町で、セミナーを
来年5月には、恵庭市で
全国大会を開催予定です。
是非、多くの皆さんに
応援いただければ幸いです。

是非、下のボタンをポチッと押して
拡げてください。


アーカイブ