【活動報告】11月8日〜9日 人を惹きつける磁力としての文化資本〜直島に行ってきました。


瀬戸内国際芸術祭や空き家プロジェクトで
世界から人が訪れる直島に行ってきました。
実は、北海道文化振興条例の生みの親である
磯田元副知事・現北海道文化財団理事長の薦めもあり
一度、自分の目で見たいとおじゃましました。

img_2789

今回の旅の目的は、
文化資本もさることながら、
空き家活用と、いわゆる民泊届出の
プラスの価値を生み出すようなルールづくりに
反映することです。

img_2735

宿泊は古い空き家を活用している
民宿を選択。

img_2739

普通の住宅を活用して
民宿や、カフェ・レストランが
点在しています。

img_2741

そして、アート作品の展示場にも
なっていたりします。

img_2745

img_2746

圧巻なのは、家プロジェクトとして、
古民家の良さを活かしつつ、
アーティストとのコラボで
いわゆる空き家がアート作品として
よみがえっていました。

img_2784

写真撮影は外観のみが
ほとんどなので、
皆さんには足を運んで
体感していただくしかないのですが、

img_2788

特徴は、普段、鈍感になっている
「光」「闇」を感じることでしょうか。

img_2772

また、仰々しい看板などが
極力避けられているので、
ゆっくりゆっくり
町並みを歩かねば通りすぎてしまいそう。

img_2773

そして、草間彌生さんの作品など
多くのアート作品が
町なかに点在しており、
これもまた「まち歩き」をうながします。

img_2777

img_2778

img_2756

img_2758

img_2768

img_2769

アートされた銭湯も
体験してきました。
残念ながら、これも外観写真のみ。

img_2743

img_2744

img_2011

美術館も圧巻でした。
好き嫌いはあるかもしれませんが、
ただ、お金をかけただけではできない、
瀬戸内の海と風と山・島があり、
その自然への敬意があってなりたつ
美術館でした。

img_2748

よく借景と聞きますが、
まさしく、
その現代版でしょうか。

img_2749

それぞれの作品のパワーに
圧倒されながらも、もし、北海道だったら
どんな美術館になるのだろうか。
北海道という島全体が、
美術館のようになったらワクワクしますね。

img_2751

ちょうど、国際芸術祭が終了し、
オフシーズンということで
(それでもインバウンドのお客様が多かったですが)
展示室が貸切状態で
私1人になる幸運にも恵まれ

img_2752

東洋の精神性というものがあるとしたなら、
そのスイッチを押されるような
強制的に瞑想を求められるような
そんな空間も多くありました。

img_2753

しかし、最も嬉しかったことは、
ほぼ偶然に近いのですが、
地域おこし協力隊の山岸紗恵さんに逢ったこと。

img_2799

建築設計の専門を活かし、
空き家バンクと移住促進のお仕事をされています。
北海道でも共通の課題がありますが、
ちょうど3年目の節目を迎えているそうで
何か応援できることがあったら
応援したいですし、
北海道も学びたいですね。

山岸さんのお仕事ぶりはこちらから。
直島カラーズ

img_2793

img_2796

img_2799

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
良かったら下のボタンをポチッと押して
応援してください。


アーカイブ