【活動報告】11月9日〜10日 人を惹きつける磁力としての文化資本 ② 倉敷有鄰庵に行ってきました。


11月10日は、先日十勝で講演を拝聴した
中村功芳さんが創業した有鄰庵に行ってきました。

img_2806

全国を飛び回っている中村さんご本人とも
まちづくりや、観光についても
意見交換できたことは幸いです。
ありがとうございました。

有鄰庵は倉敷の美観地区の中にあります。

img_2031

行列ができる幸せプリンや、

img_2019

美味しい卵かけご飯、

img_2812

地域の銭湯などを楽しんで、

img_2029

一味違う倉敷のまちを楽しむこともできます。

さらに、この有鄰庵の強みの本質は、
まさに「人がごちそう」ということ。
カフェや、ゲストハウスなどに
新しい働き方や、生き方を模索する若い人たちが
集まってきていました。

img_2906

歴史的建造物の保全や
空き家の活用には、
法制度整備も含めたハード面の課題も大きいですが、
人材育成、ソフト面を重視したいと
中村さんは繰り返しお話しされていました。

img_2808

中村さんは
現在は、有鄰庵の運営は直接かかわらず
ゲストハウスの開業塾などにも、
力を入れているそうですよ。

img_2022

実際に地域から講演依頼があった時には、
確実に成功することは保障はできないが、
少なくとも失敗を少なくすることのできる
いくつかの条件を、地域にあわせて
明確にすることも大事にしているそうです。
北海道にもお越しいただきたいですね。

img_2023

また、有鄰庵は、
大原美術館のすぐ前にあります。
大原孫一郎、総一郎という
素晴らしい企業家が後世に遺したものが
有鄰庵創業のかたちにも
つながっているように感じました。

img_2818

img_2831

岡山空港には、
千歳から直行便が飛んでいることもあり、
また行きたいまちですし、
是非、北海道にも
たくさん来ていただければと思います。

img_2024

最後まで読んでくださってありがとうございます。
よかったら下のボタンをポチッと押して
応援してください。


アーカイブ