【活動報告】11月10日〜11日 人を惹きつける磁力としての文化資本③~木造アパートから最小文化複合施設へ(谷中・HAGISO)


11月11日ー11というのは私にとって意味のある数字。
さて、そんな日に私がおじゃましたのは
谷中のHAGISO。
元は萩荘という木造住宅をリノベーションし、
2013年にオープンしたスペースです。

1階はお洒落なカフェ。

img_2819

2階はショップとホテルのレセプションになっています。

 

img_2820

 

img_2821

私がここ谷中に来た目的はこのHAGISOから

2分ほど離れたところにあるhanareというこれも

古い民家をリノベーションした小さなホテルを体験するため。

img_2822

実は、昨年、イタリアで

アルベルゴディフーゾという地域分散型のホテルを

体験してきて、とくに、北海道で取り入れたいと思っていたのですが

すでに、谷中で実践がされていたんですね。

img_2823

img_2824

img_2825

ホテルと言っても別棟ですから
チェックインした後
スタッフの方から、まちの情報などについて聞きながらまちなかを通ってお部屋まで
案内されるしくみ。

マップも裏表で
昼夜のバージョンがあり、

img_2969

ご近所の銭湯のご案内と
入浴券もついており
私としては、感激でした。

※共用ですが、しっかりしたシャワールームは完備。

img_2042

img_2968

いわゆる日本のこれまでの観光地のように
宿泊施設が全てを囲い込むのではなく
地域一体がまるごとホテルのような
感覚です。

img_2046

朝食も
レセプションのある「HAGISO」さんの
カフェでいただきますが
旅する朝食と題して、
今月は福井県のこだわりの
朝ご飯でした。
分量もちょうど良いです。

img_2052

img_2053

こちらの「HAGISO」さんの強みは
東京藝術大学の学生さんたちのネットワークもあり
そのデザインや建築設計の専門家が
しっかり関わっていることでしょうか?

また、私は残念ながら
天候や、前後の日程の関係でまち歩きが
できなかったのですが
「谷根千」という地域雑誌など
何気ないまち文化を大切にする気風が
土台にあったのかもしれないと推察しました。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

ちょうど、11月22日に
奇しくも私が、今回、空き家の活用や
民泊のルールづくりに着目しなおしたきっかけである
アルベルゴディフーゾ協会のジャンカルロダッラーラ会長が
この谷中にいらっしゃると聞き、
もう一度、こちらに来る予定にしています。
不思議な巡りあわせです。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
応援してくださる方は
下のボタンをどうぞ、ポチッと押してくださいね。


アーカイブ