【活動報告】11月15日 2018年北海道命名150年にむけて〜私設博物館等調査 小樽・札幌編


11月15日は、小樽市と札幌市をまわりました。
この日まわったのは、
○田中酒造 亀甲蔵(小樽市)
○小樽倉庫資料館(小樽市)
○日本銀行旧小樽支店「金融資料館」(小樽市)
○北の映像ミュージアム(札幌市)

img_1927

まず、おじゃましたのは
田中酒造さんの亀甲蔵です。
こちらでも、仕込みの現場を
ガラスを通してですが
自由に見学できます。

img_2909

img_2910

img_2912

img_2916

手作り感のある
お酒クイズなどの展示や

img_2915

気さくに炊き上がったばかりの
お米を試食させてくださる
現場スタッフの方や

img_2913

試飲コーナーで説明してくださるのが
酒造技能士の方であることが
嬉しく感じました。

img_2922

海外からのお客様にも
喜ばれるような品揃えにも
感銘したところ。
日本文化発信の最前線ですね。

img_2918

img_2919

img_2920

img_2921

次に伺ったのが、
小樽倉庫博物館です。

img_2924

小樽倉庫は、日本で倉庫業として
開業した第1号として
倉庫業にまつわる資料などを
会社の一角に展示し
希望があった場合に公開しています。

img_2925

img_2927

img_2929

現在は倉庫関連で
流通に関わる多角的な経営も
されているそうです。
現役の倉庫業の方から
歴史と現在をうかがって
運河沿いを歩くと印象が変わります。

img_2930

小樽の最後は、
日本銀行旧小樽支店「金融資料館」。
金融街とも言われた
小樽の街並みも再現されています。

img_2941

img_2946

また、貨幣制度や日本銀行の仕事、役割など
わかりやすく展示によって
解説されています。

img_2943

img_2944

img_2945

img_2947

img_2948

なかなかリアルにわからない
「億」単位の紙幣の束などを
持って見ることなどもできました。

img_2949

img_2950

img_2951

この日の最後にうかがったのが
芸文館ホテルの一角にある
北の映像ミュージアム。

img_2958

何度も会議等で利用しているのに
今まで気づいていませんでしたが
過去と未来をつなげる良い空間でした。

img_2959

img_2961

img_2962

img_2963

img_2964

img_2965

常駐の方もいらっしゃるそうなので
是非、一度ご覧ください。

最後まで読んでいただき有難うございます。
あなたの近くにも素敵な「館」
気になる「館」ありませんか?


アーカイブ