168日目/1000日日記 『ミスをしたときこそ、チャンスだ』


「君子の過ちや、日月の食の如し。過つや人皆之を見る。
更むるや人皆之を仰ぐ。」

【ビジネス訳】
立派なリーダーを目指して、あなたのミスを隠さずに
正々堂々と進みましょう。
職場でミスを知られることになりますが、
あなたは素直にミスを認めて、改善しはじめるので、
同僚・部下からは、さすがだなあと
思われるようになっていくのです。

出典:リーダーを支える論語入門

この前に出典とさせていたビジネス訳論語でも
紹介されていた章句です。

論語には他に

「小人の過つや必ず文る」
(つまらない人間は何かあったときに、
必ず言い訳、理屈をつけるものです)

「過ちて改めざる、是を過ちと謂う。」
(過ちを認識したにもかかわらず改善しないことこそが過ちだ)

などの章句があるそうです。

リーダーであるかないかを問わず、
当たり前のようでいて
難しいことです。


アーカイブ