【ひろまる交流録 37】札幌市・石森秀三さん(北海道博物館長・北海道遺産協議会会長)


1月22日は、文化資本の日でした。
午前中から、札幌彫刻友の会に参加させていただき、
夕刻から、豊平館で開催された
北海道遺産協議会「北海道遺産サミット」に
おじゃましました。

本日、ご紹介する石森秀三北海道博物館長は
北海道遺産協議会の会長も
務められています。
この北海道遺産協議会は、赤レンガチャレンジという
道庁の若手職員による手弁当のプロジェクトチームから
スタートしました。
この原点は、これからの道庁を考える上で
忘れてはならない大切なポイントだと思っています。

北海道遺産協議会は、その後、NPO法人として独立し、
イオングループさんなどを中心として、
新しい支援の枠組みができています。
これまでの例えば中央政府に頼る
お金の流れではない新しい流れ。
これも大きな1つのポイントです。


道と企業は、様々な形で連携協定を結んでいますが、
北海道遺産WAONカードを使った売上の
0.1パーセント(昨年は約1400万円)が寄付をされる仕組みで
地域の北海道遺産の保全活用のために
使われています。


昨年の2月に、石森秀三館長が提唱してくださった
社会資本から文化資本へとのキーワードが
昨年1年間の私の活動に
方向性と集中を与えてくださいました。
「言葉」による方向づけ、力を
実感させていただきました。
改めて心から感謝します。

人を惹きつける磁力としての
文化資本の確立のためにも
本年は、空き家などの地域資源の活用など
地域の普通の生活と文化が繋がるような
起業支援も進めていきたいと考えています。

最後まで読んでくださって
ありがとうございます。
北海道遺産に関心のある方は、
下のサイトもご参照くださいね。
http://www.hokkaidoisan.org/
最後まで読んでくださって
ありがとうございます。

下のボタンで応援よろしくお願いしますm(__)m


アーカイブ