【ご案内】長野県の子ども若者支援から生まれた自然保育制度化のプロセスに学ぶ


■主 催 北海道自治立志塾
■日 時 2月3日 18:00~20:30(予定)
■場 所 道議会3階 民進党会議室
■目 的
北海道型の森林・自然を活用した幼児教育・保育・子育て支援の促進により
子どもたちの生きる力を伸ばし、地域の現場からの子どもたちのための
地方創生をめざす。

■内 容 講演会「長野県の子ども若者支援から生まれた自然保育制度化のプロセスに学ぶ」

講師 竹内延彦さん(長野県 県民文化部次世代サポート課次世代育成推進幹)
大学と大学院で臨床心理学を学び、フリースクール、企業、NPO法人を経て、
現在は故郷の長野県庁に勤める。立場は変わっても、四半期にわたり一貫して
子ども若者支援に取り組む。
元NPO法人 子どもNPO・子ども劇場全国センター 代表理事

■参加費 無料
■懇親会 希望者のみ 参加費5000円程度(事前予約要)
■申込先

フェイスブックのイベントページで申し込みか
こちらのアドレスからお申し込みください。

e-mail m.hirota@hiromaru.jp

■参 照
北海道自治立志塾は
前恵庭市長の中島こうせいさんを塾長に迎え
地方議員の質問力、
地域の問題解決のための政策能力を鍛えるために
年4回開催している超党派の勉強会です。

特に重要なテーマとして
自治体のこども政策の確立、
子どもたちの遊び環境の保障などを
あげています。

今回は、
自然保育を県として制度化された
長野県の合意形成のプロセスに学び、
北海道においても活用するべく勉強会を
公開で開催します。

応援してくださる方は下のボタンをポチッと押してシェアしてください。

 


アーカイブ