164日目/1000日日記 『してはいけないことをしない』 ビジネス訳論語


「教えずして殺す、之を虐と謂う。
戒めずして成るを見る、之を暴と謂う。
令を慢くして期を致す、之を賊と謂う。
之を猶しく人に与うるに、
出内の吝かなる之を有司と謂う。」

【ビジネス訳】
業務上の判断基準を教えもせずに、
失敗したらマイナス評価をすること。
日常、アドバイスや指導をせずに成果を求めること。
指示や命令をしないくせに
業務完了の期限を厳しく要求すること。
給料は会社が与えるものなのに、
評価者であることを盾にした言動をして、
結局、成果にマッチした評価を与えないこと。

出典:ビジネス訳論語 安岡活学塾編

この本の最後の章句になりました。
おりしも、昨日は、選挙後初めての事務所会議を行いました。
これまでのリーダーシップを反省し、
それぞれの強みが活かせる仕組みづくりをめざします。


アーカイブ