【活動報告】中頓別に行ってきました① 2月9日 いざ、中頓別町へ


2月9日から11日まで、
中頓別町に行ってきました。

元保健師さんである渡辺由起子さんによる
黄金湯という「銭湯再生」が
ずっと気になっていたのと、
ライドシェア実証実験について
興味がありました。

銭湯再生事例は
道内では、北見や函館でも見られますが
札幌市内では
銭湯がどんどん廃業して
再生の事例は見られません。

銭湯再生は、実は、今年、
私自身がチャレンジしてみたいことの1つでもあります。
この銭湯とライドシェアが主な来訪目的でしたが
最近のテーマである
「森のようちえん」「自然がっこう」
「地域おこし協力隊」に関しても
素敵な出逢いもありましたので
時系列でざっと報告しますね。

さて、第1日目(9日)を振り返ります。
JR北海道で音威子府駅まで行き
そこから宗谷バスに乗り換えて
中頓別まで向かいました。

ネットや、電話で事前に接続は確認していましたが、
JRとバスの待ち合わせ時間が
土地勘のない旅行者にとっては、少ないように感じました。
切符を買って、トイレを済ませたり
しかも、バスの表示が「鬼志別行き」
乗車券や停留所の表示が「敏音知」(←ピンネシリ)なので、
わかるまで少し時間がかかり
不安でした。

一度わかれば、バスは
1日4往復のみですが、
ビンネシリ温泉のすぐ前に停まりますので
車のない方でも
ゆっくり旅を楽しめます。
そして、中頓別に着いたら
新しく実験をしている
ライドシェアがあります。

ライドシェアは、基本的には
町内にお住いの皆さんの相互扶助が目的。
私のような町外からの
観光客が使うためには、
よく言われるような安心安全面の課題より
土日の対応や、登録者を増やすなどについて
これからの課題は多いなというのが
利用してみた実感です。

ライドシェアについては、
中頓別町②で詳しく報告します。
読んでくださってありがとうございます。
是非、皆さんも中頓別町はじめ
北海道の各地に足を運んでくださいね。


アーカイブ