【ひろまる交流録 40】2月25日 柄澤照文さん(岡崎市・ペン画家)


久しぶりに足助町に
中馬のおひなさんの時期におじゃまして、
柄澤照文さんとお目にかかbりました。

柄澤さんは、岡崎市在住ですが、
ここ足助町や北海道江差町などの街並み、
歴史などを
入念な取材をもとにペン画で、
スケッチを残されています。

中馬のおひなさんのお祭りの
私の好きなところは、
メインホールに大きな雛飾りもありますが、
普通の民家やお店に
ご自宅やご近所さんの古い時代からの
お雛様が飾られているところを
ぶらぶらとまち歩きできること。

今回は約200軒と聞きましたが、
ほのぼのとした字体の唐澤さん作の
看板やポスターがまち並みにあふれています。

柄澤さんにお話を聞くと、
今、屏風画に力を入れているそうです。
現代の人にどう昔を繋ぐか、
本にしても、手にとって開く人が
限られる。
屏風なら見て感じてもらえる。
そんな風におっしゃっていました。

いろいろな土地を見て歩いて取材してきた
柄澤さん。
若々しくお元気でしたが、
自分の残された時間をどう使うのかも
テーマなんだとお話をされていました。

ちょうど足助に向かう途中の
飛行機の中で読んだ
「シビックプライド2」という本の中の
あるページと繋がりました。

調査した成果を「ポスター」という
形を使って、取材された人たちや
地域に共有する取り組みです。
ミニコミ紙の発行など丹念にされてきた
柄澤さんが、今、屏風画に取り組まれていることと
不思議なシンクロを感じました。

ご縁をせっかくいただいていた江差町にも
今日本遺産などに申請中ですので、
柄澤さんの取材の足跡が未来にしっかり残せるような
新たなご縁むすびができたら幸いです。

まだまだですが、昨年1年間、
社会資本から文化資本へというキーワードを掲げて
全道各地の私設博物館などを歩き出したことで、
何気なく手にとっていた
柄澤さんの作品に出逢い直せたことに感謝します。

応援してくださる方は、是非、下のボタンを
ポチッとよろしくお願い申し上げます。


アーカイブ