【ひろまる日記】平成30年1月10日(2030-5) こどもの遊び環境の保障と参画の推進~世界と北海道の現場を結んで① 2017年のふりかえり②


<最初のきっかけは、北海道自治立志塾とヨーロッパでした>

自治体のこども政策の推進は
ここ数年の
私の一貫したテーマとなりました。

政策のスタートは、
前恵庭市長中島こうせいさんが塾長の
北海道自治立志塾です。
年に4回白石まちづくりハウスを会場に
開催されています。

その学びのなかで、
北海道の自立に向けて
北海道と気候風土や面積等が類似している
北欧のスゥエ-デンやフィンランドに注目し
これまで「自主的」に2度にわたって訪問し、
実際に現地での調査を重ねてきました。

そこでであったのが
学齢前からの企業家精神教育や
アウトドア教育でした。
すべての自治体ではありませんが
プレスクール(日本で言うと幼稚園や保育所)の子どもたちは
園のすぐ近くにある森などで、
ほぼ1日を過ごします。

そのことが、
これからのAIなど機械には真似のできない
人間の創造性を育み
地域に何かが問題があっても
それを新しい起業や社会サービスを生み出すチャンスととらえる
自己効力感の造成につながると学びました。

残念ながら、
長野県、鳥取県などをはじめ、
各県では、このアウトドア教育について
自然保育、野外保育として、
県独自で支援制度をつくるなど
本来、自然環境あふれる私たちの北海道では
この制度化や支援などの議論がほとんど進んでいない現状にあります。

しかし、地域の現場では、既存の幼稚園や学校教育のなかで
自然学校など環境教育のノウハウのもつ指導者と協働で
自然保育、外遊びなどに取り組んでいる実践例や
おかあさん、おとうさんたちが自主保育として
森のようちえんに取り組んでいるなど素晴らしい事例もあります。

2017年には
行政と現場の実践者と、そして、地方議員が
水平なテーブルで自然保育、森のようちえん、自然学校をキーワードに
全国の先進事例を共有する場を
道議会を会場にして数回にわたり設定してきました。
私自身がめざす道議会改革の本質は
政策の発生源が、このように公開で透明であること。
そして、単に国内外の先進事例の模倣ではなく
それを北海道内の実践につなげていくプロセスの現場である
道議会の姿を可能な限り多くの皆さんと共有することです。

2018年には、
引き続き、この北海道議会を一つのスペースとして
北海道の未来のための政策がスタートする場を
これまで以上に目的意識をもって
実現していきたいと思います。

応援してくださる方はどうぞ、下のボタンをポチッと押してくださいね。


アーカイブ