【ひろまる日記】平成30年1月11日 (2030-7)ひろまる交流録~昨年もたくさんの方にお逢いしました。2017年のふりかえり ④


一昨年にスタートしたひろまる交流録。

9月に父が亡くなって以降、なんとなく途絶えていました。

もともと、そんなに写真好きではないこともありますが。。。

それでもフェイスブックの投稿などを見るとたくさんの方にお逢いしているんですねー!

白石倫理法人会にて/浅沼会長(当時)と講話者のゆきちゃんと。

ゆきちゃんとは、昔々、あるカウンセリングの会で知り合い、久しぶりの再会でした。

浅沼さんはじめ、白石倫理法人会の皆さんには、今でもお世話になっています。

 

今年は、事情があって、はじめてお休み(延期かな?)させていただきました。

毎年、1月から3月までに開催している地域ごとの道政報告会でも、たくさんの皆さんに

お世話になりました。

 

また、北海道遺産協議会のレセプションでは

社会資本から文化資本へとのキーワードをいただいた石森北海道博物館館長とも

嬉しい再会。引き続き、これまで以上に北海道の未来にお力いただきたいところです。

そして、ご挨拶まわりの途中で、ちょうど在社されていた

中国語勉強のお仲間でもある北海道テレビ本社にて、國本常務とオンちゃんに囲まれて

記念撮影。さまざまな社会貢献など、とてもユニークな素敵なジェントルマンです。

 

そして、久しぶりにオホーツク寒気団の恒例行事である

足助町訪問にごいっしょし、船木さんと久しぶりにじっくりお話できました。

道庁退職前後の人生の転機、自分探しの時期に、ずいぶんお世話になりました。

そして、久しぶりに、版画家柄沢てるふみさんと。江差町にも来ていただいていたのですよね。実は私のひろまる通信に載っているイラストも、柄澤さん作のものが、あるんですよ~。

あとで、ひろまる通信もチェックしてみてくださいね。

ひろまる通信

さて、次にご紹介するのは、秩父別町の加工室tabita 岡田さん。アパレルから一転転身して、お菓子職人の夫さんと一緒にお餅やお菓子、子供服なども販売するお店を開業されました。

昨年1年のテーマは、地域の問題解決につながる小さな起業を応援すること。岡田さんご夫妻のような方が、北海道中に100人にも200人にも増えるように、自分ができることをしていきたいです。

次にご紹介するのは、たぶん、今年も4月から北海道開拓の村の交番の前に立ってくださっていると思いますが、白石区在住もある桑原さんです。

昨年、私もたいへんお世話になっていた札幌消費者協会会長でもあったお連れ合いの昭子さまをなくされました。桑原昭子さんに改めて哀悼の意をささげるとともに、今年も、開拓の村におとうさんを激励に行きますね。

そして、今年、最後の写真は、12月25日。クリスマスに出逢った、エクスマ創設者の藤村正宏さんです。この写真は、藤村さん自らに、自撮りを教わっているところ。お隣は、地元FM局の阿部由香さん。エクスマ塾生だそうですよ。

皆さんもお気づきかもしれませんが、今までの私のSNSなどの投稿は、周囲に撮ってくださる方がいないとほとんど私がカメラマンなので、本人が写っていないことが多かったのですが、今年からは、自撮りにも挑戦して、今まで以上に、一期一会、さまざまな皆さんとのご縁や出逢いを楽しんで、北海道の未来にすべてをつなげていきたいものです。

お逢いしたすべてのみなさんはご紹介できなかったのですが、私の手元に、ツーショット的な写真があったものを駆け足で、遅ればせながら新年のまとめにご紹介しました。

今年は、また、ひろまる交流録も意識的に再開していきたいですね。

ネットワーク、フットワーク、ボランティアワークそのすべてを北海道の未来のために!応援してくださる方は下のボタンをどうぞ、ポチッとよろしくお願いします。

 


アーカイブ