【ひろまる日記】平成30年1月11日(2030-8) 昨年もたくさんの場所に足を運びました~フットワーク、ネットワークを北海道の未来に


2017年1月

ずっと行きたかった元保健婦である渡辺由起子さんが再生した

森の薪を活用した「黄金湯」さん。

中頓別町にあります。

あわせて、ライドシェア実証実験についても

実地体験、調査をしてきました。

 

町長のおすすめでこども園も視察。

森のようちえんとは謳っていませんが、

普通にこどもたちが、雪山で外遊びしていました。

現場の声が、建築設計にも活かされたこども園のなかも見学。

 

中頓別にある自然学校の提供するスノーシュートレッキングの

プログラムも体験しました。

2017年2月

議員になる前から永井おつきあいの

オホーツク寒気団のみなさんと

足助町のひなまつりに行ってきました。

オホーツク寒気団は、全国のまちおこしグループとの交流を

20年以上にわたって続けています。

2017年3月

急遽、ゆさみゆき宮城県議会議員とスウェーデンへ

スウェーデン国会議事堂にて、日瑞交流議員連盟議長と

モタラ市役所にて市長と市役所幹部と

小学校のアウトドア学習に。

リンチョーピング大学シェパンスキー教授と参加して

 

2017年4月

鎌倉市/ゲストハウス開業塾に参加して

2017年5月

町立となって奮闘している奥尻高校と奥尻ワイナリーへ

 

ご縁あって、お茶に特化したまちづくりの和束町へ

美しい村連合にも登録しています。

せっかく関西まで来たのなら

絶対寄りたかった

バイオマス銭湯で健康づくり、防災をめざす大阪 谷地田さんのところへ。

この後、まち文化研究所さんのご協力で

札幌にも谷地田さんをお招きします。

 

 

2017年6月

6月は本会議もあり、どこにも行きませんでしたが、

銭湯サミットを開催。

2017年7月

浦河へ

毎年1回必ずおじゃましたいべてる祭り

精神保健医療・福祉のイノベーションのモデル

2017年8月

生まれ故郷の函館へ。

最近の函館の若い世代の動きに注目です。

函館西部地区 ゲストハウスとして、歴史的建造物のリノベをしかける箱バル不動産

蒲生さんにお話を聴きました。

2017年9月

9月も議会などがあり、あまり遠出はしませんでしたが

白老のNPO法人御用聞きわらびさんに

お話を聴きに行きました。

2017年10月

10月はほぼ選挙用務でしたが、

後半に、国立日高青少年自然の家に行き

3回目を迎えるアウトドアフォーラムに参加してきました。

教育、観光などの分野を超えたアウトドア事業者の皆さんのネットワークは

これまであるようでなかったそうです。

2017年11月

森のようちえんなど

アウトドア教育、自然保育の実践が進んでいる

上川管内へ。

鷹栖町、中富良野町、下川町などをまわりました。

写真は、森のようちえん実践者の皆さん。

 

観光立国の正体などでおなじみの

山田桂一郎さんが副塾長をつとめるてしかが観光塾。

昨年は10回目、ここ数年は

ほぼ毎年おじゃましています。

今年は、8月にも、超党派の議員の勉強会の皆さんといっしょに視察に行くなど

ご縁が深まっています。

さらに発展してほしい地域の1つです。

 

そして、なんと言っても今年の最も強く印象に残っている視察は

22年ぶりのインドネシアです。

ここから今年の重点テーマにしぼったのが

「こどもの遊び環境の保障と参画の推進」

今年は、この公式サイトの日記を

よりきめ細やかに記そうと改めて決意しながら

2017年のふりかえりを

一部で駆け足ですが、させていただきました。

ネットワーク、フットワーク、ボランティアワーク

その全てを北海道の未来に!

今年もよろしくお願いします。


アーカイブ