141日目/1000日日記 『つまらぬ気は回さない』 ビジネス訳論語


「詐(いつわり)を逆(むかえ)ず、
信ぜられるを億(おもんばから)ずして、
抑々(そもそも)
亦(また)先ず覚る者は、
是賢か。」

【ビジネス訳】
取引先や部下との関係において、
疑心暗鬼のあまり信用調査や裏工作をしたりせずに、
相手が何を考えているかを見抜くことができれば、
賢人と言えます。

出典:ビジネス訳論語 安岡活学塾編

解説によると、
自分自身の振る舞いや内面を観察することを通して、
疑心暗鬼になったり、
余計な心配をするのではなく、
「人」を観察できる眼を養っていくことが重要であり、
そのためにも、
日々の自分自身のチェックに
論語に触れることが推奨されています。


アーカイブ