【ひろまる日記】4月16日の活動日誌〜社会資本から文化資本、社会関係資本へ


4月16日は、百年記念施設の再生に関して
今週は断続的に
さまざまな有識者の方にお話を聞いています。
今年は、北海道命名150年です。

道南の縄文遺産の世界遺産登録や
白老の民族共生象徴空間が注目されていますが、
北海道博物館、開拓の村、百年記念塔が持つ価値を
未来に向けてどう引き継ぐのか、
私には、それ以上の価値があると思っています。

環境生活常任委員会でも数度にわたり質問していますので、
ご関心のある方は質疑結果をご覧ください。

平成30年3月19日環境生活常任委員会
https://hiromaru.jp/pdf/minutes/20180327154702.pdf

平成29年10月5日環境生活常任委員会
https://hiromaru.jp/pdf/minutes/20171009212723.pdf

そして、4月16日の午後は、
中央区のマンションの空室を活用して開催されている
おしゃべりサロンにおじゃましました。
札幌市の事業も上手に活用しながら
住み慣れた場所で住み続けるために
どのように助け合うのか
そんなお話が熱を持って語られていました。

そしてやはり大事なことの1つが、お食事だそうです。
これは地域の皆さんから聞く声にも共通していますね。
毎日はいらないけれど、週に何度か気が向いた時に
手づくりの温かいものを
会話しながら食べられる場があることは
生活の質や豊かさを増すことにつながるそうです。

中央区で開催されているおしゃべりサロンにも
実は居住者の方だけではなく、
遠くから来ている方もいました。
従来の血縁、地縁を越えた社会的選択縁が
これからの地域の底力になると思います。

この場をオーガナイズしている
堀川さんには、7月27日の道政報告会のゲストに
お越しいただく予定です。
よろしかったら、皆さんもお越しください。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
応援してくださる方は下のボタンを押して
シェアしてくださいね。


アーカイブ