【道議会報告】平成30年12月1日 11月26日環境生活常任委員会での質疑録を共有します~北海道100年記念施設のこれから


11月26日の環境生活常任委員会の
簡易議事録を入手しましたので
PDFでみなさんに共有します。

https://hiromaru.jp/pdf/minutes/20181201183036.pdf

質問中でも触れていますが、
例えば、100年記念塔の改廃をどうするかという
個別例外の課題としての決定ではなく、
道の文化行政の総括と
これから50年、100年先の未来の方向性につながる決定がされるよう
この間、質疑、質問を重ねてきました。

9月10日 常任委員会質疑 100年記念施設の再生に向けて

https://hiromaru.jp/pdf/minutes/20180921175629.pdf

3月10日 常任委員会質疑 100年記念塔の再生に向けて

https://hiromaru.jp/pdf/minutes/20180327154702.pdf

せめて、50年後に同じ議論が繰り返されることのないように
また、100年記念塔だけではなく、
あなたの身近にある屋外彫刻や石碑、産業遺産などの価値をどのように見るか、
具体の修繕を誰がどのように負担するのか、
しっかり考え、保全と活用のしくみを確立することも
重要だと思っています。

だからこそ、コストがかかるから壊す、古いものだから残す、
そのどちらでもいけないと思うんです。

北海道文化振興条例が示している基本精神を軸に
北海道庁としてこれまでの文化行政をしっかり総括したうえで
100年記念施設再生の道が開けるよう切望します。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
シェア歓迎です。


アーカイブ