104日目/1000日日記 ビジネス訳論語その41 『出処進退』


「之を用うれば則ち行い、之を舎(す)つれば則ち蔵(かく)る。」

【ビジネス訳】
大きなプロジェクトを任せたら自分の信念に基づいて完遂し、
閑職に追い込まれたら将来のために自分磨きをしておきましょう。

【用語解説】
之:自分
用:登用、大きな仕事を任される
行:実力を発揮する
舎:左遷、閑職に追い込まれる
蔵:実力を蓄えておく

出典:ビジネス訳論語 安岡活学塾編

本日は、はじめて
北海道の開拓に大きな貢献をした
堀織部正について学びました。

箱館奉行時代に
人を活かすことで残した成果と
謎の多い最期に興味を惹かれたと同時に、
胸に迫るものがありました。

今の北海道に彼がいたら、
誰と何をするのでしょうか?


アーカイブ