39日目/1000日 子どもの貧困


子どもの貧困は、荒井さとし候補が、
格差社会の問題のなかで、
一番、解決すべき課題としてあげるテーマだ。
ここ数年は貧困率は増加の一途だ。

1000万円以上の所得を上げる人は増えたが、
200万円以下の人も増大し、
就業者は増えたが、非正規雇用は拡大している。
私自身が、ここで少し迷うのは、
所得が高い人、大きな会社に正規で就職している人が
ほんとうに人間として幸せかというと
決してそうは思えない生き方もたくさん見てきたし、
自分の今までの人生を振り返ってもそう思う。

ただし、それは、私が選択できたからゆえの
贅沢なのかもしれない。

平成24年には、全体の貧困率の16.1%よりも、
子どもの貧困率が16.3%と上回った。
さらに、ひとり親家庭の子どもの貧困率は、54.6%となる。
多くがいわゆる母子家庭だと想定される。

近頃、少子化対策と称して「産めよ増やせよ」という政策が
進んでいるが、
一方で、子どもの権利や、子どもの可能性を伸ばすための支援、
あるいは、社会的養護を必要とする子どもたちへの支援こそ
重要ではないのだろうか。

明日は、一瞬だけ、選挙を離れて
乳児院のボランティアに入る。
シフトがうまくくめず、私が対応することとなった。
お詫びしておやすみしてもいいのだが、
ボランティアであっても
一度やると決めた以上、穴をあけたくないのだ。

今は、選挙に、全身、没頭しているので
少しクールダウンをして、
残る4日間の最大限の活動につなげたい。


アーカイブ