北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ

【活動報告 5月16日 民進党地方自治体議員フォーラム総会・研修会】

ひろまる日記

昨夜15日、満席の新幹線で北斗市から一路東京へ。

image

午前中は、超党派の
「薬用作物(薬草)栽培推進議員連盟」に所属されている
国会議員事務所をまわり、
「北海道産業用大麻可能性検討会」の報告などを
情報提供をさせていただきました。
今後、北海道議会としては、
ドイツで開催される産業用大麻の利活用会議にも参加し、
ヨーロッパでの産業用大麻の栽培・加工の現場も
視察する予定です。

image

午後からは、
民進党の地方自治体議員フォーラムに参加。
岡田克也民進党代表から
ちょうど審議中だった補正予算への対応と
現在の国会運営の課題に触れて、ご挨拶。
三重県議会のローカルパーティのような
幅広い枠組みでの取り組みの必要性にも
ふれられました。

image

次に、民進党のマニフェスト(案)に関して、
長妻昭代表代行、山尾志桜里政務調査会長同席の中で
地方議員からさまざまな意見、要望が出されました。

私からは、民進党が掲げる
公正、共生、未来への責任について強化する視点で
地球環境のために日本が国家として果たすべき責任や、
子ども・若者対策を「福祉」の視点を越えて
未来への投資として位置づけるようご提言しました。

image

その後、憲法問題について、枝野幸男幹事長の講演の後、
他都府県の議員のみなさんと交流会。
超党派の議員勉強会つながりや
フェイスブックつながりの方、
お久しぶりのみなさんにもお会いできました。

image

民進党としての再生を契機に
地球社会の未来のために
新しいものさしや、価値を提供できる役割が担えるとしたら、
こうしたフォーラムにも
参画してみたいと思ったところです。

image

17日午前中は、これから
「下流老人をどう防ぐか」
「日本で一番大切にしたい会社」をテーマの講演があります。

私は、再び、新幹線で
東京から青森へ移動し、
青森の松丘保養園におじゃまする予定です。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
応援してくださる方は下のボタンをよろしくお願いします。

この記事の投稿者

広田まゆみ

北海道の自立と未来のための志事人、広田まゆみです。
函館生まれ札幌育ち。現在は、白石区在住で、北海道議会議員として活動中。

札幌市立向陵中、札幌西高、北海道大学を卒業後、北海道庁職員として、日高管内浦河町で生活保護のケースワーカーが最初の仕事です。
その後、労働組合の女性部長なども経験し、自分探しが高じて、11年務めた道庁を退職。
空知管内の雨竜町に移住します。

約8年、農家民泊や、農作業ボランティアのコーディネートなど都市と農村の交流を推進するNPO活動に従事した後、道庁の労働組合時代のご縁で、政治の道を選びました。

だいたい10年ごとに大きな転機があった私ですが
これからの人生の時間は、社会企業家的地方議員を100人つくることをはじめ、こどもたち、若い人たちを応援することに集中したいと思っています。

プライベートでは、気ままなひとり暮らしを満喫中。
大の温泉、銭湯好き。
チャンスがあれば、エネルギー独立型のエコ銭湯を経営してみたい。
完全なワーカホリック、働きすぎ人間ではありますが、最近は、ヨガにはまっています。
地域のヨガサークルで週1回教えられるような70歳になってたら嬉しいですね。

他には、着物、ヨガ、旅、ハガキ絵、「館」めぐり、そして、やっぱり、北海道の未来のために働くことが大好きです。

ドラッカー読書会FT。91期エクスマ塾生。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

このページの最上部へページの最上部へ