北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ

コロナ禍をきっかけに、自分の「X」(天職)に向き合いたいあなたへの26の質問

こんばんは。

社会企業家的地方議員を100人誕生させたい

北海道議会議員の広田まゆみです。

 

コロナ禍の今こそ考えたい「X」とは何か

7月22日に、
「半農半X」という生き方の提唱者である
塩見直紀さんをお迎えして
Facebookライブインタビューを
企画しています。

https://fb.me/e/1Ajgyufst

コロナ禍の今こそ

すべての人、組織、地域が

私たちの「X」(=天職)を見つける

見直すチャンスなのかもしれないと思うんです。

 

今回は、その「X」の発見の仕方の

1つの手法である

AtoZ研究」にフォーカスして

お話を聴くことにしています。

 

26の問いに答えてつくる1人1研究所NOTE

 

それに先立って

ずっと宿題にして保留していた

26の問いに答えてつくる1人1研究所NOTE」に

チャレンジしてみました。

AからZではじまる

26の問いに答えるもので

けっこうハードル高いです。

 

もっと熟成発酵させて

発表すべきものかとは思いますが、

今日の「私」をここに残してみたいと思います。

 

 

以下、私の今日時点での

回答です。

興味がある方は、是非、ご覧くださいね。

 

A and あなたのやりたい分野をandでつなぐなら

社会企業家 and   地方議会議員

 

B 場所 あなたがつくる研究所の舞台、場所、フィールドはどこ?

北海道 地方政治 地方自治

 

C コレクションしているもの

インタビュー① 実践者の過去・現在・未来 by コミュニティ放送

インタビュー② 地方議会議員の活動の成果と課題   by  FBライブ

 

D 妥協 妥協しないことは?

理由なく慣習、前例に従わない

 

E Edit 編集したいこと、再編集したいことは?

地方政治、地方自治

〇「政治」をアートする

〇まちづくりとは未来のデザイン

 

F Foucus フォーカス、注力していること

北海道の自立/持続可能な発展

 

G Give、Gift 持っているものでGIVE、GIFTできるものは?

学習欲

 

H ほっとけないことは?

被害者のドラマ

 

I ichi  すでに「1」していること(一歩を踏み出していること)

Facebookライブインタビューやラジオによる「インタビュー」を

YouTubeにアーカイブ

 

J joker あなたが持っている「ジョーカー」、ユニークなカードは?

「政治」関係以外の学びの場のつながり

 

K kanji  漢字4文字で研究テーマを表現するのなら?

北海道〇… ??? 

 

L long  「長く続けている」ことって何ですか?

地方議会議員(ネットで発信) 

ドラッカー

 

M mission  あなたの「ミッション」は何ですか?

社会企業家的地方議員100名の誕生

北海道の自立と持続可能な発展

 

N (know)  この宇宙のなかで「知りたい」ことって何ですか?

人間の「想い」の力の強さ/パラレルワールド(選ばなかった未来)

 

O oboeraretaikoto  あなたは何で「憶えられたい」か

北海道の未来に貢献した人

 

P pandemic 「パンデミック」×研究テーマでできることは

変化を脅威ではなく機会と捉える人、地域をつくる

 

Q question  根底に流れる「問い」とは?

「私は何のために生まれてきたのか?」

 

R 〇〇論と言う本を書くなら?

北海道自立のための人財論

 

S あなたは何屋?

ネットワーキングオフィス

 

T 高校時代のあなたならどんな探求を?

自分のX探求

 

U この世に何を生み出したい?

すべての人、まち、地域のXの可視化

 

V あなたが描くビジョンとは?

北海道が自立している

エネルギー/アドベンチャーツーリズム

世界平和や地球環境のために何かを学びたいと思ったら

北海道にみなが学びにくる島

 

W どんな世界観で活動?

すべての人に価値と使命がある

 

X まだ世にない新しい組み合わせがある?つくれる?

政治とアート&デザイン

すべての働く人が未来をつくるアーティスト

 

Y 何度も心に、脳裏によぎることは何ですか?

この世に何を遺せるのか

 

Z ずっと考え続けていることは何ですか?

置かれた場所で咲く

今の自分にできることで他の人より容易くできて

もし、それが上手くいったら大きな変化を起こせることは何か

 

(以上)

 

このワークをやってみて、

気づいたことがありました。

 

よく、人間の身体は食べ物でできていると

言われますが、

人間の思考もまた、

自分の脳内や心に取り込んだ

「言葉」によってできるのだと。

 

「記憶していない言葉は使えない」

 

そのことを愕然と体感しました。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

さて、今日伝えたかったことは、

まず、1つは、7月22日のFacebookライブインタビュー

是非、ご視聴くださいということ。

https://www.facebook.com/hiromarujimusyo/videos/?ref=page_internal

 

Facebookページから発信しますので

どなたでもご覧になれるはずです。

 

そしてもう一つ。

このワークをあなたにも

体験してみてほしいなということです。

https://atozconcept.net/hitori1kenkyusyo/

 

取り組めば、必ず

素敵な気づきがあるはずです。

 

他にも、SNSは、ほぼ毎日

更新しています。

あなたの「X」、すべての地域の「X」を

光り輝かせるような情報発信をしていくつもりです。

是非、ご視聴、登録よろしくお願いします。

よかったら、下のボタンをおして

応援よろしくお願いします。

元氣が出ます!

 

 

 

 

 

この記事の投稿者

広田まゆみ

北海道の自立と未来のための志事人、広田まゆみです。
函館生まれ札幌育ち。現在は、白石区在住で、北海道議会議員として活動中。

札幌市立向陵中、札幌西高、北海道大学を卒業後、北海道庁職員として、日高管内浦河町で生活保護のケースワーカーが最初の仕事です。
その後、労働組合の女性部長なども経験し、自分探しが高じて、11年務めた道庁を退職。
空知管内の雨竜町に移住します。

約8年、農家民泊や、農作業ボランティアのコーディネートなど都市と農村の交流を推進するNPO活動に従事した後、道庁の労働組合時代のご縁で、政治の道を選びました。

だいたい10年ごとに大きな転機があった私ですが
これからの人生の時間は、社会企業家的地方議員を100人つくることをはじめ、こどもたち、若い人たちを応援することに集中したいと思っています。

プライベートでは、気ままなひとり暮らしを満喫中。
大の温泉、銭湯好き。
チャンスがあれば、エネルギー独立型のエコ銭湯を経営してみたい。
完全なワーカホリック、働きすぎ人間ではありますが、最近は、ヨガにはまっています。
地域のヨガサークルで週1回教えられるような70歳になってたら嬉しいですね。

他には、着物、ヨガ、旅、ハガキ絵、「館」めぐり、そして、やっぱり、北海道の未来のために働くことが大好きです。

ドラッカー読書会FT。91期エクスマ塾生。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

このページの最上部へページの最上部へ