【道議会産業用大麻海外調査団 視察報告 ① 本日は移動日です】


【北海道議会 産業用大麻海外調査団 視察】
本日5月28日(土)から6月5日(日)の日程で、
ヨーロッパの産業用大麻の利活用の状況と課題を視察し、
第13回EIHA(ヨーロッパ産業用大麻協会)会議にも参加します。
あわせて、農業国オランダの施設農業
フードバレーについても見学します。

写真は、5月8日に行われた
事前学習会の風景。
image

この視察に先立ち
5月16日に
超党派の国会議員で構成する
薬草議員連盟(薬用植物の一環として
医療用大麻を中心に取り組んでいる)役員の皆さんに
北海道の産業用大麻検討の成果と課題
などについて、情報提供させていただいた。

image

主な視察先は次のとおり。
5月28日 出発(移動日)
(オランダ)
5月29日 ウエストランド【Fransen Roses
アムステルダム【ヘンプ博物館
5月30日 フローニンゲン【Hemp Flax社視察 +栽培圃場視察】
GroeNoord Ag Turf B V社】
5月31日 ワヘンニンゲン、エーデ地区など
NIZO food research
【ワヘンニンゲン大学訪問】
○大学のフードバレーのしくみ
○施設園芸についてレクチャーなど
(ドイツに移動)
6月1日 ヴェッセリング【第13回EIHA国際会議 参加】
※ヨーロッパ産業大麻協会主催

6月2日 シュッツトガルト/ジンデルフィンゲンなど
【ホーヘンハイム大学にて
ヘンプ産業の現状と展望について
レクチャー予定】
【ダイムラー社工場視察】
※車の内装品はヘンプ製品
【HANF HAUS訪問】

6月3日 ネルトリンゲン 【THERMO NATUR GmbH&Co.KG
(断熱材製造工場)
6月4日 フランクフルト 【MAAS NATUR】
(ヘンプ商品取扱店舗)
自主研修などの後、空港へ。
6月5日 帰国(移動日)

image

ネット環境にもよりますが、
視察先から、随時、報告します。


アーカイブ