理念と政策

北海道の自立と未来のために、人、組織、地域の強みをつなぐ!

【変化を脅威ではなく機会と捉える】

今、私たちは大きな変化の時代にいます。人口問題、気候変動、AIなどテクノロジーの進化、例えば、5年後、10年後に今ある職業や会社が必要とされているかどうかわかりません。私は、この北海道において、こうした変化を脅威ではなく、機会と捉える人財を1人でも多く増やしたいと思っています。そして、私たちの北海道が、そう考える世界中の人たちにとって学びに来たい島にしたいと思っています。

【大きな社会問題の解決のための小さな経済】

私が政治家になった最初の動機は、人を幸せにするための法律制度をつくることでした。今、私の関心は、大きな地球規模の社会問題の解決にもつながる小さな経済を地域から動かしていくことです。共産主義でもなく、社会主義でもなく、持続可能な新しい資本主義、「お金」の流れをつくることです。食、エネルギー、豊かな森と自然、北海道だからこそできる、北海道の強みを活かした独自の持続可能な発展を実現することが、日本国家へも地球社会への貢献にもなると信じています。

【強みにフォーカスし強みで支えあう】

誰もおいてきぼりにしない社会、それは、すべての弱者とされる人に手をさしのべる社会ではないと、私は思っています。老いや病、障がい、貧困など、地域で向き合っていかねばならない課題は、決して消えてなくなることはありません。もちろん、ケアが必要な人には適切なケアをしなければいけませんが、私は、どんな境遇にあっても、すべての人にあるもともと持っている強みにフォーカスします。すべての人に、もともと居場所と価値があるのです。どんな人も地域に貢献できることがあります。強みにフォーカスすることで、真の意味で、すべての人の弱みを補い合い支えあえる共生社会、力強い地域コミュニテイをめざします。

【こどもたち、若い世代のために】

こどものころから、「私は何のために生まれてきたのか」「私のいるべき場所はどこか」と、自分探しに苦しみ続けてきた私ですが、今は、とても楽になりました。「自分は何者でもない」「樹や花のように置かれた場所で育ち咲くしかない」のだということを、今さらながら悟りました。これまで支えてくださった地域、組織、企業、すべてのみなさんのおかげさまです。

私は、これからの人生の大きな目標として、「社会企業家的地方議員100名の誕生」を掲げました。私が生きている間には実現できないかもしれません。しかし、私の残りの人生を、北海道の未来のために、北海道のこどもたち、若い人たちの可能性、挑戦を最大限応援していくために、わくわくしながら捧げたいと思います。

具体的には、次の4つの目標をかかげ、挑戦していきます。

4つの挑戦

1. 社会企業家的地方議員100名の誕生をめざします。

社会企業家的地方議員とは
みみずが固い土の中を動きまわり、土の中の有機物(ゴミやフン)などを食べて、やわらかい良い土に変えていくように、地域にある課題に向き合い、新しい光のあて方、今すでにあるものの新結合(イノベーション)などにより、課題解決に挑戦する議員のことです。
白石区や道議会で開催してきた、地域の課題解決の先進事例の学びの場を継続するとともに、全道各地の地域リーダーのみなさんと協働で学びの場を拡げながら、目標の達成をめざします。

2. すべての市町村に自然保育、自然学校をつくることをめざします。

<自然保育>
北海道に気候風土が良く似た北欧やドイツなどが発祥の森のようちえんは、自然のなかでのこどもたちの遊び、学びの環境を大事にするものです。施設が認定の基準となる日本においては、これまで、自主保育という形の選択肢しかありませんでした。

長野県、広島県、鳥取県などでは、移住定住促進対策の柱として、森のようちえんだけではなく、すべての森や自然の中での子育ち環境を保障する「自然保育」を県として支援し、成果をあげています。北海道の強みを活かし、北海道の未来のために、どんな幼児教育、保育、遊び、学びが必要なのか、1日も早く、縦割り行政の壁を越えて、こどもの育ちを真ん中にして、議論する場の設置だけでも実現したいものです。北海道では、まだ、道庁内部に検討チームができたばかりです。

今後は、住民請求による遊び環境保障の条例制定なども視野に、草の根の民主主義を地域の子育て世代や女性に実感してもらうこととあわせて、こどもの遊び環境の保障、こども参画の実現をめざします。

<自然学校>
こどもや大人の自然体験活動、エコツーリズムの推進、災害時の支援活動など地域とともに生きる自然学校には、多機能な可能性があります。また、北海道の特徴として、自然保育や環境教育を推進する際にも、既存の保育所、幼稚園や学校と、自然学校などアウトドア事業者との協働の事例も他県より多く見られます。

自然学校開業研究会などで、現場の自然学校、野外学校など実践者から学びながら、全道市町村すべてに自然学校など自然環境教育の拠点をつくることをめざします。

3. アウトドア推進議員連盟をつくり、地域の自然や文化にお金がまわる観光、北海道の強みを活かした教育、そして、減災に貢献します。

自然保育、自然学校を全道市町村の標準装備にしたいと活動しているなかで、一昨年から引き続き、教育、観光事業、アウトドア用品の販売、そして、自治体関係者など、分野を超えて、北海道のアウトドア事業関係者が一堂に会する合宿形式のフォーラムに参加することができました。

日々、北海道の素晴らしい環境に触れ、かつ、自身の海外経験や、個人旅行の外国人観光客のニーズなどにも直接触れているアウトドア事業者の見ている北海道の可能性を、まず、北海道民のみなさんに共有したい、そして、欧米のアドベンチャーツーリズム(スキー、サイクリング、カヌー、ハイキング、トレッキングなど)の市場をターゲットに、しっかり北海道の未来に、北海道のこどもたちの学びや育ちにお金がまわるアウトドア観光事業をつくりたいと思います。賛同してくださる議員のみなさんを募集します。

自然保育、自然学校の推進とあわせて進めます。

4. 独立型太陽光発電の普及など、災害に強い地域、白石区をつくります。

<独立型太陽光発電>
2018年9月6日、北海道は大規模停電という経験をしました。
歴史は、私たち一人ひとりがつくっていくものです。未来から振り返った時に、あの9月6日が、北海道のエネルギーの自立がスタートする最初の1日だったと振り返られる日にしたいと思いました。地方議員には、限界があります。明日、国のエネルギー政策を根本から変えることはできません。しかし、この白石区をはじめ、道内の地域で一つでも二つでも、小さくても、独立型の太陽光発電などを増やしていくことはできます。そのための講座やワークショップを定期的に開催していきます。

<SNS講座>
災害時の正確なきめこまやかな情報発信のために、日常からSNSを使いこなせるような講座を企画します。

高齢者の方にこそ、インスタグラムなどを日常的に安否確認ならぬ幸せ確認のためにも活用してほしいと思っています。日常的に使っていないと、災害時に使いこなすことはできません。災害を完全に防ぐことはできませんが、被害を最小限にする支えあえるつながりをつくっていきます。

このページの最上部へページの最上部へ