【ひろまる日記 8月22日 岩見沢ドラッカー読書会 〜 強みを知り活かす】


並みの分野での能力の向上に無駄な時間を使うことをやめることである。強みに集中すべきである。無能を並みのスピードで水準にするためには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーを必要とする。

(ドラッカー著 明日を支配するもの より

風邪と仕事で、2回お休みしてしまい
久しぶりのドラッカー読書会でした。

サブファシリテーターとして参加させていただくと
やはり自分の学びが深まるのを実感します。

今回は、改めて強みにフォーカスすることの重要性を
かみしめました。

以下、佐藤等先生著の
実践するドラッカー思考編から
抜粋します。

《時間とエネルギーの使い方》

「少ないインプットで最大のアウトプットを」が
生産性の原則です。
インプットは資源、アウトプットは成果です。
このことは自己開発にも當てはまります。

個人の最大の資源である時間やエネルギーを、
「何に」投下することが重要です。

ー最高の投資効率は、得意分野や強みに
資源を投下することで得られます。
並みの分野に投資してもたいしたものは得られません。

例えば、得意分野の知識や能力を
深めることに投資すれば、
未知の仕事ができるようになります。
つまり、どんな資源を貯めるかによって、
成果の大きさが変わるのです。
成果をあげる人は、将来を見据えて
知識や能力というと資源を集中して蓄積します。

自己開発にあたっては、
常に投資が無駄になっていないか、
注意しましょう。
並みの能力しか身につかないと判明したら、
すぐさまその分野の投資をやめ、
卓越性を究められるものに絞るのです。
投資効率を上げるためにも、
卓越性は具体的にイメージしましょう。
例えば、
「英検1級を取得する」や
「宇宙工学を究める」ではなく、
「宇宙工学の分野の講義をMITで行えるだけの
専門性と語学力を身につける」といったように、
よりパワフルに、より鮮明に
書き記すことがポイントです。

(以上 佐藤等 実践するドラッカー 第4章 より転載)

私的な強みを公益とするために
残りのほぼ半年に何をするか
今月中にしっかりフィードバックした上で
意思決定したいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
よかったら下のボタンを押して応援よろしくお願いします。


アーカイブ