【活動報告 5月15日 北海道森づくりフェスタin北斗市】


今日5月15日は、北斗市きじひき高原で開催された
北海道森づくりフェスタに参加した。
image

今回の参加は、
水産林務常任委員会としての公務でもあるが、
私としては、
先日スウェーデン国会議員団の受け入れに際し、
北斗市のみなさんにたいへんお世話になったので
そのお礼の意味もあった。
image

今回、開催された森づくりフェスタは、
開催地の北斗市にとっては、
市町村合併により北斗市が誕生して10周年の記念、
そして、駅名の決定をめぐっても
紆余曲折があったと言われる
北海道新幹線開業記念の植樹祭だ。

image

北斗市では、
もともと牧場として使われていたきじひき高原の土地を
時代の趨勢から、森林に戻すべく
市民植樹などを、継続的に行っている。
image
今後の北斗市の持続可能な発展を祈りながら、
私は、ささやかではあるが、
クリーンラーチの苗木を2本植えた。
image
image
「植樹」のあり方については、
近年、その価値が見直されている防災や、
地球温暖化対策、地材地消、
さらには、根本的な改善が必要な産業用途と
さまざまな課題があるのはうかがっている。
そのなかで、複雑な思いも感じながら、
まずは、今年も、植樹に参加した。

そして、北海道発の「木育」の体験コーナーにおいても、
木育マイスターの指導により、
間伐材の端材を使って、専用の道具を使って皮を剝ぎ、
鋸やドリルも使い
image
スプーンに加工する体験をさせていただいた。
image
こうした、とくに、子どもたちを対象とした
木育などの地道な取り組みも北海道の自立に向けた
一助となるに違いない。
image

北海道には、日本の4割の森林があると言われる。
100年の単位で策定された
北海道森づくり条例もある。
もう一歩、何か小さなことでいいから
私自身が、この1から2年の間に
北海道の森づくりの未来のために、
すべき何か1つに集中して実現に務めたい。

image

まずは、今日、2本の樹を植えられたことに
感謝します。

賛同・応援してくださる方は
下のボタンをポチッとよろしくお願いします。


アーカイブ