【活動報告 7月12日 上士幌ふるさと納税成功の本質】


今日はナレッジプラザの
夏季オープンセミナーに参加しました。

image

竹中貢 上士幌町長に講演をお願いするお手伝いを
少しだけさせていただいたご縁で
緊張しながら参加させていただきました。

image
今回のセミナーは、
主催者の佐藤等先生の新刊
「ドラッカーを読んだら会社が変わった」の
出版記念のセミナーでもあります。
image
北海道では
十勝バスさんや、
旭川の健誠社さんなど、
ドラッカーの言葉を道具として使って
成果をあげた事例が紹介されています。
まだ、読まれていない方には
是非、おすすめします。

image

さて、上士幌町では
ふるさと納税で、平成26年度は、
約9億円で全国3位。
平成27年度は、全国的にふるさと納税が
ブームとなり、一番の自治体は
25億円をはるかに越えるようになり、
額こそ、ランキングは下がりましたが
ふるさと納税の本質的な活用であると
マスコミなどでの露出は最も高いです。

それは、
上士幌のふるさと納税による成功は、
これまでの定住移住促進や
都市と農村の交流などの事業など
明確に
東京や大阪にはない価値を表現、発信し続けてきた
10年以上の積み重ねがありました。
image
image
image
よく言われるのは、
上士幌だから、特産品があるからできるのだと
言われますが、
農商工連携のための超独自の
ゆるやかな小さな単位での補助制度を作り
商品開発などを推進し、
決して順風満帆ではなかったけれど
それらの産品の通販サイトなども
運営をされてきたそうです。
image
それらが、ふるさと納税で
一気に花ひらきました。
秀逸なことは、
一度に、10億を越える税収が入ることに対して、
一般寄付の使い途を、
条例によって、子育てのために使う基金を設置し、
使途を明確にしたことです。
ただのお得な「お買い物サイト」ではなく
「寄付文化」づくりにも
貢献しているようです。
image
このふるさと納税によって
地域に起きた変化として、
「生産者にも直接、商品の感想や
感謝が届いたりすることで、
自分の地域や仕事に誇りが持てる。」
そして、実際に
「従来の流通を通さず、image
直接、お金が地元に循環する。」
ということを
挙げられていました。
その結果として、
何もないのではなく、
ある意味、全てお金になる、
地域の宝探しがはじまっているようです。

さらに、役場職員も
外から評価されることによって、
変わってきたそうです。
指示待ちや前例主義ではなく
新しいことに挑戦することは辛いし、
勇気がいることだけれど、
一番最初に、他の人が誰もやっていないことに
チャレンジすることによって得られるものがあることが
職員に浸透してきたようです。
素晴らしいですね。
image
私は、別用務のため、
残念ながら参加できませんが、
8月25日から26日
上士幌町のぬかびら温泉にて
ふるさと納税をテーマにした
研修会が開催されます。
是非、多くの皆さんに
参加いただければ幸いです。
image
上士幌町のみならず、
北海道の全ての自治体が
未来に向かってチャレンジする組織として
機能すること
そして、北海道庁がそれを応援できる
組織になるために
何ができるのか、考えながら参加をしていました。
image
11日の深川での新しい起業のお話に続き、
昨日12日も「すでに起こっている未来」を体感できました。
週末は浦河におじゃますることになっています。
北海道の明日が、未来が、ますます楽しみになります。

長文を最後まで読んでくださって
ありがとうございます。
下のボタンを押して応援よろしくお願いします。


アーカイブ