【ひろまる交流録 33】 浦河町 以西 明美さん (ぱんぱかぱん 店主)


浦河町で懐かしい方に
お逢いしました。
以西明美さんは、
私が日高支庁(当時)に採用され
ケースワーカーとして仕事をスタートした時
浦河保健所に栄養士さんとして
働いていらっしゃいました。

image

その時から
静かな雰囲気の方で、かつ、
すごく自分の意思を
しっかりお持ちの方だという印象があります。
職場、いわゆる公務員を辞めて
こだわりのパン屋さんを開業された時には
当時、私には仕事を辞める選択肢はなかったので
驚きました。

image

おそらく、
先見の明と着実なものづくりへの
信念があったのだと思います。
洞爺湖サミットの時には、
ロシア政府団に全粒粉のパンなどを
提供するなど活躍されています。

image

image

image

また、子どもたちへのパンづくりの指導や
地域の女性たちの就労支援のようなことも
自然体で取り組まれている様子や
リニューアルされたお店の
海の見えるデザインにも
感銘しました。

image

余談ですが、
以西明美さんの義理の妹さんにあたる方にも、
実は、
ケースワーカーの先輩として
ひとかたならぬお世話になりました。

このまちで
素晴らしい実践が重ねられていることに
とても勇気づけられます。
ともに頑張ります!
応援してくださる方は
是非、下のボタンでシェアを
よろしくお願いしますm(__)m


アーカイブ