【活動報告】10月4日 北海道どさんこプラザ札幌駅前店でお話聞いてきました。


9月4日は、ずっとお会いしたかった
北海道どさんこプラザ札幌店店長であり、
北海道貿易物産振興会営業推進部長の
吉岡史代さんにお話を聞いてきました。

image

image

今は、ちょうど
「空知フェア」実施中でした。
一番の売れ筋は、うりゅう米で
量り売りは大人気だったそうです。
どさんこプラザでは、
地域に特化した催事などにも
道庁サイドと連携して力をいれているとか。

image

観光物産だけではなく
地元の皆さんにも
リピーターになっていただけるような
店づくりを展開されてきました。

image

image

商品は、固定ファンがついてきた
北海道コスメも含めて
エゾシカ肉や魚醤、水産加工品、
乳製品、酒類など、2300点を越える
商品を扱っています。

image

image

image

image

image

常に約60店の商品がテスト販売として
3ヶ月から6ヶ月店頭に並ぶのが
どさんこプラザならではでしょうか?
各生産者、メーカーさんが
商品に関してフィードバックできる
仕組みになっています。
さりげなく赤色の囲みの値札が
テスト販売中の商品だそうですよ。

image

また、私が、一度このどさんこプラザの
店長さんにお逢いしたいと思った理由が
お菓子の品ぞろえです。
どさんこプラザ札幌の売り上げの4割がお菓子だそうで
通常の箱売りの土産用のお菓子もあります。

image

木古内町や、乙部町、深川市、旭川市などなど
その町に行かなければ買えない
地元のお菓子屋さんのお菓子を
バラ売りで売っているのです。
そこに感激しました。

image

こうした地道な取り組みが
地域の力や文化につながると
私は、思うのです。

image

いっしょに、
経済部食関連産業室の牧野主事にも
同席いただきました。
道庁の14振興局内にも
フード担当が設置され、
人材育成にも力をいれていると聞きました。

image

北海道命名150年を契機に
輸出拡大一辺倒ではなく、
地元に住む私たち自身が
北海道の食文化や歴史を楽しみ
誇りにするようなプロジェクトの発信ができたら
幸いです。

最後まで読んでくださって
ありがとうございます。

良かったら下のボタンをポチッと押して
応援してくださいね。


アーカイブ