【活動報告】1月16日 こどもの遊び環境の保障~創造性、自己効力感を高める「場」と「しくみ」をつくるために


1月16日 本日は終日事務所作業、現在も続行中です。

ここ数年手がけてきたことを成果に結びつけるべく
2018年北海道命名150年を契機に
次の150年の北海道の土台をつくる年と
2017年を位置づけた準備段階の作業が続きます。

北海道の強みを活かす人材育成が
私が3期目に掲げた大きな柱の一つです。
これまで、北欧の教育などを参考に
学力や体力などのみならず、
創造性や、自己効力感など
子どもたちの生きる力を育む北海道ならではの
子育て環境の充実をめざして努力してきました。

国内外の先進事例に学ぶ
地道な学習会などを重ねるなかから
少しでも共通言語をつくる努力を重ね
今年は、
今すでに地域のなかにある実践、
すでに起こっている未来に
光をあてる努力をし、
現在と未来をつなげていきたいと思います。

子どもたちの遊び環境の保障や
アウトドア教育に関しては、以下のような企画が
すでに決まっております。
皆さまもよろしければ、是非、協働してがんばりましょう!!

【1月18日】 18:00~ 道議会
森のようちえん・森林ESDのこれからを考えるⅠ(学齢前を中心に)

【2月 3日】 18:00~ 道議会(北海道自治立志塾)
長野県の自然保育制度化のプロセスに学ぶ

【2月21日】 18:00~ 道議会
森のようちえん・森林ESDのこれからを考えるⅡ(学齢期・ツーリズムも踏まえて)

こども環境学会
【5月26日~28日】 恵庭市
こども環境学会全国大会

ご関心ある方はお問い合わせください。
詳しい資料、ご案内などをお送りします。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
良かったら下のボタンを押して
応援よろしくお願いします。


アーカイブ