北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ

誰かの支えに~小樽ビール倶楽部に通う理由

ひろまる日記

本日の最後は、毎月第2金曜日の恒例行事。びっくりドンキー白石中央店の 小樽ビール倶楽部でした。毎回、不思議な素敵な出会いがあるのもさることながら、私は小樽ビールの心意気が大好きです。いろんな紆余曲折もあったように聞きますが、実際に天然酵母を活かしたままのビールは、やはり違うと身をもってわかります。「酒は百薬の長」と昔の人はいいましたが、それは、適量であることはもちろん、天然酵母を活かした発酵食品だからではないでしょうか?そうすると、通常の飲み放題などのお酒は、だいたいの場合、原料以外の糖類だったり、酸化防止剤だったり、いろんなものは入っているわけです。私としては、今、日本酒やワインの勉強もしていますが、理想としては、北海道に上陸、着陸すると、食べもの、飲みものは、基本的に地元のもの、さらに、どんな土でどんな原料でどんな製法で、どんな人が作ったかをわかるものを買えることが常識になる島にしたい、せめて、それが、最高のおもてなしと認識される島でありたいなと思っています。
夢のような話かもしれませんが、政治だけではなく、消費者が変われば、変わるはずなんです。消費者が、近くの商店や飲食店に、ただ、尋ねてくれるだけで、流通は変わっていくはず。お買い物の選択を変えるだけで、作り手の意識も変わっていくはず。
私が、そんなことを語るより先に、小樽ビールのとりくみのように、
北海道のいろいろな地域でそうした実践が実現しています。そうした実践の力を目の当たりにすることで、私の活動は、支えられています。
私にできるきことは、まずは、そうした実践に光をあてていくこと。
ひとつひとつに実践を大きな輪にしていくこと。
さらに、できれば、その輪を、グローバリズムと対峙するものとして、世界に広げていくこと。
是非、地域の実践を私にどんどん教えてください。今年は行けませんが、1つでも多くの実践の「現場」とそこに関わってきた「人」に会いにいきたいです。

この記事の投稿者

広田まゆみ

北海道の自立と未来のための志事人、広田まゆみです。
函館生まれ札幌育ち。現在は、白石区在住で、北海道議会議員として活動中。

札幌市立向陵中、札幌西高、北海道大学を卒業後、北海道庁職員として、日高管内浦河町で生活保護のケースワーカーが最初の仕事です。
その後、労働組合の女性部長なども経験し、自分探しが高じて、11年務めた道庁を退職。
空知管内の雨竜町に移住します。

約8年、農家民泊や、農作業ボランティアのコーディネートなど都市と農村の交流を推進するNPO活動に従事した後、道庁の労働組合時代のご縁で、政治の道を選びました。

だいたい10年ごとに大きな転機があった私ですが
これからの人生の時間は、社会企業家的地方議員を100人つくることをはじめ、こどもたち、若い人たちを応援することに集中したいと思っています。

プライベートでは、気ままなひとり暮らしを満喫中。
大の温泉、銭湯好き。
チャンスがあれば、エネルギー独立型のエコ銭湯を経営してみたい。
完全なワーカホリック、働きすぎ人間ではありますが、最近は、ヨガにはまっています。
地域のヨガサークルで週1回教えられるような70歳になってたら嬉しいですね。

他には、着物、ヨガ、旅、ハガキ絵、「館」めぐり、そして、やっぱり、北海道の未来のために働くことが大好きです。

ドラッカー読書会FT。91期エクスマ塾生。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

このページの最上部へページの最上部へ