北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ

道議会の事業仕分け「論評」に思うこと

ひろまる日記

道議会各会派代表質問が終わり、
一般質問が継続しております。

いわゆる「事業仕分け」について
「論評」がされています。
中央政府の事業仕分けが
短兵急であったこともありますが
その本質がまったく理解されていないことが
残念です。

事業仕分けは、2002年に
構想日本(非営利・独立の政策シンクタンク)の
発案で開始されました。

目的は、行政の事業を抽象論ではなく
「現場」の視点で洗い直すことによって
個々の事業の無駄にとどまらず、
その事業の背後にある制度や
中央政府と地方の関係など
行財政全体の改革に結び付けていくことです。

今回の新政権の事業仕分のなかで
中央政府の行うべき事業ではないと
判断されたもののなかに
青少年育成や職業訓練などの
「ハコモノ」を基点?とした事業があります。
そのことをもって、事業仕分けが、
地方切捨てだという議論がありますが
逆に、そこまで中央の地方支配が及んでいた
ということだと思います。
結果として、残念ながら
「国のお金=タダ」という意識が
地方政治、そして、市民になかったのかどうか
一つひとつの事業について
自分の家計の財布を考えると同じように
今一度考える役割が
私たちに求められています。

中央と地方の税財政のあり方も
根本から見直すことを前提として
やはり、私は
政治が責任を果たすためには
地方一括交付制度の準備のためにも
事業仕分けの早期導入が
地方レベルにこそ
必要だと考えています。

2009年度の自治体の実施状況は
広島県(専門家・有識者型)
和光市・高松市・奈良市(一部公募型)
高島市・草津市(市民評価型)
京都府議会民主党会派(議員評価型)
です。

残念ながら、会派としては
動かないとのことですので
市民のみなさんとの協働で
なんとか模擬的にでも実施できないか
模索中です。

この記事の投稿者

広田まゆみ

北海道の自立と未来のための志事人、広田まゆみです。
函館生まれ札幌育ち。現在は、白石区在住で、北海道議会議員として活動中。

札幌市立向陵中、札幌西高、北海道大学を卒業後、北海道庁職員として、日高管内浦河町で生活保護のケースワーカーが最初の仕事です。
その後、労働組合の女性部長なども経験し、自分探しが高じて、11年務めた道庁を退職。
空知管内の雨竜町に移住します。

約8年、農家民泊や、農作業ボランティアのコーディネートなど都市と農村の交流を推進するNPO活動に従事した後、道庁の労働組合時代のご縁で、政治の道を選びました。

だいたい10年ごとに大きな転機があった私ですが
これからの人生の時間は、社会企業家的地方議員を100人つくることをはじめ、こどもたち、若い人たちを応援することに集中したいと思っています。

プライベートでは、気ままなひとり暮らしを満喫中。
大の温泉、銭湯好き。
チャンスがあれば、エネルギー独立型のエコ銭湯を経営してみたい。
完全なワーカホリック、働きすぎ人間ではありますが、最近は、ヨガにはまっています。
地域のヨガサークルで週1回教えられるような70歳になってたら嬉しいですね。

他には、着物、ヨガ、旅、ハガキ絵、「館」めぐり、そして、やっぱり、北海道の未来のために働くことが大好きです。

ドラッカー読書会FT。91期エクスマ塾生。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

このページの最上部へページの最上部へ