北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ

【ひろまる交流録 8】 余市町 高橋 由人さん(観足法 塾主宰&ゲストハウスはれるや)

ひろまる交流録

今日、ご紹介するのは、
観足法ゆうじん塾主宰で
余市ではれるやさんというゲストハウスも
素敵なお連れ合いといっしょに経営されている
高橋由人さんです。
出逢いは、たしか、「みんたる」さん。
思えば不思議なご縁です。
image

数年前、私と同じ時期に
地方議会議員に当選し、先進的に活動していた
私より若い有望な女性が、
ガンを患い、闘病の甲斐もなく
あっという間に他界されました。
とてもショックでした。
高橋由人さんにお逢いしたのは
ちょうどその頃でした。
image
この写真は、恥ずかしながら、私が
日頃の不摂生のために浮腫んだ足を
あまりの痛みに唸りながら
台湾式足揉みの施術を受けている写真です。
image
本来なら、笑顔で握手の写真の予定でしたが
撮影を忘れてしまったので
施術中の状況をスタッフが撮ってくれた写真。
お見苦しくて恐縮です。
実は、一度は
そうした出逢いをきっかけに、
生活管理、改善に成功したのですが、
今は、残念ながらいわゆるリバウンドです。

Hokkaido Cancer Center, National Hospital Organization (国立病院機構 北海道がんセンター)
今後、昨日開催した「和のエクササイズ」などとあわせて
自分自身の身体をチェックして筋肉をつけたり、
自分で調整したり、バランスを保ったりする講座を
白石区にあります北海道がんセンターさんや
患者当事者団体の皆さんともご相談しながら
新しいがん予防、回復への道すじも
あわせて提案できたら幸いです。
image

また、高橋先生ご自身は、
とくに、若いお母さんたちが
自分たちの食生活や健康を大切にすることで
子育ても変わってくるはずだとして、
若いお母さんたち向けの講座も
展望されているようです。
image

皆さんにも、健康のための選択肢の一つとして
Facebookなどでご案内する予定です。
Facebook等をされていない方は
事務所にお電話(011-860-8666)くださるか
下記のページからLINEにご登録ください。

https://hiromaru.jp/magazine

最後まで読んでくださってありがとうございます。

良かったら、下のボタンを押して
応援してください。

この記事の投稿者

広田まゆみ

北海道の自立と未来のための志事人、広田まゆみです。
函館生まれ札幌育ち。現在は、白石区在住で、北海道議会議員として活動中。

札幌市立向陵中、札幌西高、北海道大学を卒業後、北海道庁職員として、日高管内浦河町で生活保護のケースワーカーが最初の仕事です。
その後、労働組合の女性部長なども経験し、自分探しが高じて、11年務めた道庁を退職。
空知管内の雨竜町に移住します。

約8年、農家民泊や、農作業ボランティアのコーディネートなど都市と農村の交流を推進するNPO活動に従事した後、道庁の労働組合時代のご縁で、政治の道を選びました。

だいたい10年ごとに大きな転機があった私ですが
これからの人生の時間は、社会企業家的地方議員を100人つくることをはじめ、こどもたち、若い人たちを応援することに集中したいと思っています。

プライベートでは、気ままなひとり暮らしを満喫中。
大の温泉、銭湯好き。
チャンスがあれば、エネルギー独立型のエコ銭湯を経営してみたい。
完全なワーカホリック、働きすぎ人間ではありますが、最近は、ヨガにはまっています。
地域のヨガサークルで週1回教えられるような70歳になってたら嬉しいですね。

他には、着物、ヨガ、旅、ハガキ絵、「館」めぐり、そして、やっぱり、北海道の未来のために働くことが大好きです。

ドラッカー読書会FT。91期エクスマ塾生。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

このページの最上部へページの最上部へ