北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ

北海道よ!安売りするな価値を売れ!~2月20日は藤村正宏さんの講演会です

ひろまる日記

銭湯とドラッカーで地球と北海道を元氣にしたい

北海道議会議員の広田まゆみです。

 

2月20日18:00から、札幌ガーデンシティ駅前にて、
マーケティングコンサルタント藤村正宏さんの講演会を
開催します。

 

藤村正宏さんは、ぴっぷ町の観光大使であり、

「好きなことがもっと好きになる講座」など

ぴっぷ町民ならだれでも無料で受けられるマーケティングの講座を

約2年にわたってぴっぷ町で実施。

アクティブに自分の仕事や日常をSNSで発信する町民が

町長はじめ、とても増えました。

SNSを抜きに語れない社会になった|比布町エクスマ化プロジェクト

 

私は、ぴっぷ町のようなまちが、もっともっと増えたら

北海道の持続可能な未来に貢献できると思うんです。

 

だから、2月20日、藤村正宏さんをお招きしての講演会を企画しました。

広田まゆみ 2020政経セミナー お申込みフォーム

今、北海道には多くの外国人観光客のみなさんが来ています。

オーダーメイドの体験プログラムを提供できる

観光事業者の方に聴くと、外国人観光客のなかには、

「あの湖でこの魚を釣りたい」とか

「あの森で、この鳥の声を聴いて写真を撮りたい」とか

私たち北海道人が気づいていないような北海道の宝物に気づき

そこに1人1日10万円近く払うことも厭わないような

お客様もいるそうです。

しかし、北海道には、そのニーズに応えるだけのしくみや人材がまだ乏しく

道外や海外の事業者やガイドさんのお仕事になっていると聞きました。

 

 

突然ですが、みなさんは、北海道にIR(カジノを含む統合型リゾート)は

必要だと思いますか?

 

私が、もし、北海道知事だったら、現状の議論ではいらないと

はっきりと言うと思います。

手を挙げている自治体がある以上、広域自治体である道としては、

ある程度の対応が求められるのはしかたがないかもしれない。

しかし、北海道という島をどんな島として、世界の人たちや

次世代のこどもたちに認識してほしいか、憶えてほしいかと思った時に、

少なくとも、IRの優先順位は、決して高くないと思うんです。

みなさんはいかがでしょうか?

 

私の気になるのは、今の観光によるまちづくり政策の議論の方向性です。

IRに賛成か反対かという議論の前に、

北海道(それぞれの地域で異なる)の強みは何か、

誰(どこの国のどんな年代のどんなことが好きな人)に

どんなふうに北海道を楽しんでいただけるのか、

それが上手くいくと、北海道の地域それぞれにどんな変化を期待しているのか

その議論こそが重要だと思うんです。

 

IRと国内向けのリゾート施設は、全く異なるものではあるかもしれませんが、

その昔、道内にも中央政府の誘導のもと、

たくさんのリゾート施設ができました。

それはどうなったのでしょうか?

地域経営を考えるポジションにいる人たちの意識構造が、

例えば、あの時の◯◯◯⚪︎◯◯ワールドや、

◯◯⚪︎⚪︎◯王国などの時と変わっていないとしたら、

北海道は、また同じ失敗を繰り返すだけではないでしょうか?

 

なので、私は、2月20日に藤村正宏さんをお招きします。
「北海道よ安売りするな価値を売れ」
私たち北海道人が、自分や人、組織、地域の強みを知り活かすことから
はじめませんか?

先着100名様 参加費は5000円(懇親会は別途5000円 20人限定)です。

お申込みフォームも作りました。

広田まゆみ 2020政経セミナー お申込みフォーム

みなさんのご参加を心よりお待ちしています。

シェア、拡散大歓迎です。よろしくお願いいたします。

この記事の投稿者

広田まゆみ

北海道の自立と未来のための志事人、広田まゆみです。
函館生まれ札幌育ち。現在は、白石区在住で、北海道議会議員として活動中。

札幌市立向陵中、札幌西高、北海道大学を卒業後、北海道庁職員として、日高管内浦河町で生活保護のケースワーカーが最初の仕事です。
その後、労働組合の女性部長なども経験し、自分探しが高じて、11年務めた道庁を退職。
空知管内の雨竜町に移住します。

約8年、農家民泊や、農作業ボランティアのコーディネートなど都市と農村の交流を推進するNPO活動に従事した後、道庁の労働組合時代のご縁で、政治の道を選びました。

だいたい10年ごとに大きな転機があった私ですが
これからの人生の時間は、社会企業家的地方議員を100人つくることをはじめ、こどもたち、若い人たちを応援することに集中したいと思っています。

プライベートでは、気ままなひとり暮らしを満喫中。
大の温泉、銭湯好き。
チャンスがあれば、エネルギー独立型のエコ銭湯を経営してみたい。
完全なワーカホリック、働きすぎ人間ではありますが、最近は、ヨガにはまっています。
地域のヨガサークルで週1回教えられるような70歳になってたら嬉しいですね。

他には、着物、ヨガ、旅、ハガキ絵、「館」めぐり、そして、やっぱり、北海道の未来のために働くことが大好きです。

ドラッカー読書会FT。91期エクスマ塾生。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

このページの最上部へページの最上部へ