北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ

本を理解するために読むのではなく、実践のために使うドラッカー読書会のすすめ

こんばんは!

地域の未来をデザインする

社会企業家的地方議員®100名の誕生を

実現させたい

北海道議会議員の広田まゆみです。

 

今日は、ドラッカーの読書会について

書きます。

本を理解するために読むのではなく、実践のために使う読書会

今日10月3日は、

実践するマネジメント読書会®」の日でした。

 

「実践するマネジメント読書会」とは、

マネジメントの父と呼ばれるドラッカー教授の膨大な著作を、

ドラッカー研究の第一人者 佐藤等 先生が、

できるだけ短期間に、体系的、段階的に読み進むことのできるよう

開発した独自のカリキュラムです。

 

そのコンセプトは、

本を読んで理解しようとするのではなく

実践のための道具として

ドラッカーの言葉を使うというもの。

 

コロナでオンライン化が加速したドラッカー読書会

私は、この「実践するマネジメント読書会®」の

認定ファシリテータの1人です。

 

コロナ禍のおかげさまで

これまで対面式だった読書会が

オンラインへという動きが一気に加速。

 

私もファシリテータとして

自分自身の読書会を持つことを決めることができました。

 

正直、コロナ禍以前は、

オンラインの読書会に懐疑的だった私ですが

実際に体験してみると

オンラインにはオンラインの良さがあると感じています。

 

例えば、従来の地域単位ではなく

同じバックグラウンドなどでつながる

読書会も組織可能であるということ。

将来は、地方議会議員のための

ドラッカー読書会も組織してみたいです。

 

私が担当している読書会の課題図書は、「プロフェッショナルの条件」

この本は、ドラッカー教授の主要著作を全て翻訳
書簡も交わすなど親交も厚かった
上田惇生先生が
ドラッカーの著作からの抜粋して
編訳したものです。
本日の課題範囲は、Part2 第2章
「なぜ成果があがらないのか」です。
上田先生のあとがきから転載して紹介します。
(以下転載)
2章「なぜ成果があがらないのか」
3章「貢献を重視する」は、
「経営者の条件」の
「第1章 成果をあげる能力は修得できる」
及び
「第3章 どのような貢献ができるか」
からである。
『クリスチャン・サイエンス・モニター』紙は、本書を、
「事実よりもむしろ直観の重視を薦める大胆な作品、
組織の罠から逃れるために不可欠のサバイバルマニュアル」
と評した。
ドラッカーは本書において
「仕事ができるようになろうとする者は、
必ずできるようになる。
成果をあげる能力は、身につけられるし、
身につけなければならない」
と断じている。
(以上 転載終おわり)

成果をあげるための5つの能力を身につけよ!

お金や土地などが資源であった
今までの「資本主義社会」は、
すでに、大きな矛盾や限界を抱えています。
人や知識が資源となる
「知識社会」へと地殻変動のように変化してきた
大きな変化の最終局面に
私たちは、今、立っています。
ドラッカーのいう「成果をあげる」とは、
外の世界の大きな変化です。

利益は目的ではなく

条件です。

そして、成果をあげる(=外の世界に変化を与える)
ための道具として、
現代社会は「組織」を必要とします。
「組織」は、道具です。
しかし、また、「組織」で働く人たちは、
常に、組織に時間を奪われ
日常業務に追われるなどの現実のなかで
働いています。
その現実のなかで、
自らの強みを、「公益」のために
機能する社会をつくるために使うには
5つの習慣的能力
〇 時間を管理する
〇 人の強みを知り、活かす
〇 貢献を重視する
〇 重要なことに集中する
〇 成果のあがる意識決定をする。
この5つの能力を
まず、セルフマネジメントとして身につけることが
必要だと。
そして、その能力は
すべての人が身につけることができる
いや、身につけるべきだと、
ドラッカー教授は書いています。
それぞれのことについては、また、別にブログに書きますが、
ドラッカーは
「成果をあげるには、まず、時間を管理せよ」
と言います。
そして、小さなことからはじめよ、とも。
全国の地方議会議員に
この学びの輪が広がっていくことを期待して
毎月第一日曜日の夜は、
そのための時間を使おうと
ドラッカー読書会をはじめました。
小さな小さな
第一歩ですが、
ご関心ある方はお問い合わせくださいね。
最後まで読んでくださってありがとうございます。
SNSでも毎日発信していますので
フォローしていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

この記事の投稿者

広田まゆみ

北海道の自立と未来のための志事人、広田まゆみです。
函館生まれ札幌育ち。現在は、白石区在住で、北海道議会議員として活動中。

札幌市立向陵中、札幌西高、北海道大学を卒業後、北海道庁職員として、日高管内浦河町で生活保護のケースワーカーが最初の仕事です。
その後、労働組合の女性部長なども経験し、自分探しが高じて、11年務めた道庁を退職。
空知管内の雨竜町に移住します。

約8年、農家民泊や、農作業ボランティアのコーディネートなど都市と農村の交流を推進するNPO活動に従事した後、道庁の労働組合時代のご縁で、政治の道を選びました。

だいたい10年ごとに大きな転機があった私ですが
これからの人生の時間は、社会企業家的地方議員を100人つくることをはじめ、こどもたち、若い人たちを応援することに集中したいと思っています。

プライベートでは、気ままなひとり暮らしを満喫中。
大の温泉、銭湯好き。
チャンスがあれば、エネルギー独立型のエコ銭湯を経営してみたい。
完全なワーカホリック、働きすぎ人間ではありますが、最近は、ヨガにはまっています。
地域のヨガサークルで週1回教えられるような70歳になってたら嬉しいですね。

他には、着物、ヨガ、旅、ハガキ絵、「館」めぐり、そして、やっぱり、北海道の未来のために働くことが大好きです。

ドラッカー読書会FT。91期エクスマ塾生。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

このページの最上部へページの最上部へ