北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ

チョコを選べば世界が変わる?!~バレンタインデーにちょっと考えてみました

ひろまる日記

本日はバレンタインデー。
私も、ささやかに
白石区菊水にある
「環境友好雑貨店これからや」さんで
フェアトレードのチョコレートを購入。
お世話になった方に差し上げながら
石川県のフェアトレードくらぶ制作の
チョコレート新聞もお配りしています。

このチョコレート新聞によると
カカオ主要生産国は、コートジボアール・
ガーナ・ナイジェリア・ブラジル・
エクアドル・コロンビアなどですが
ユニセフの調査では
西アフリカだけで、
約5万人の子どもがカカオ農園で
働いていると推定されます。
子どもたちは
チョコレートを見たこともなく
自分が何をしているのかも
わからずにカカオを収穫しています。
親と離ればなれで
なたなど危険な道具でけがをしたり
作業が遅れると鞭でうたれたり
過酷な労働で苦しんでいます。

さて、こんな背景を知り
何とかしたいと思った人たちが
考えたのが
「フェアトレードのチョコレート」。

フェアトレードのチョコレートでは
こんなカカオを使っているそうです。

フェアトレードカカオ農家は
○奴隷を使わず、子どもにひどいことをしない。
○収入の一部を地球にやさしい方法で
カカオの木を育てることや、もっとおいしい
味のカカオを作ることにあてる。
○協力して地域の子どもたちのために
学校や病院などを建てたりする。

カカオを買う人たちは
○生産者に十分なお金を払う。
カカオ1ポンド(約453g)につき
80セント(約80円)以上
○カカオ農家が環境によい
作り方が続けられるよう
サポートをする。

あなたの好きな
あなたの選んでいるチョコは、
フェアトレードカカオを
使っているでしょうか?
私たち消費者のチョコの選び方で
世界の貧困問題の解決が
スタートするかもしれません。

フェアトレードをもっと知りたい方は
下記のサイトをごらんください。
●チョコレボ
●フェアトレードリソースセンター
●FTSNフェアトレード学生ネットワーク

エネルギーの問題も
世界の貧困の問題も
どこかでみんなつながっているように
思います。
固い話で恐縮ですが
バレンタインデーを楽しみながら
ちょっと考えてみました。

この記事の投稿者

広田まゆみ

北海道の自立と未来のための志事人、広田まゆみです。
函館生まれ札幌育ち。現在は、白石区在住で、北海道議会議員として活動中。

札幌市立向陵中、札幌西高、北海道大学を卒業後、北海道庁職員として、日高管内浦河町で生活保護のケースワーカーが最初の仕事です。
その後、労働組合の女性部長なども経験し、自分探しが高じて、11年務めた道庁を退職。
空知管内の雨竜町に移住します。

約8年、農家民泊や、農作業ボランティアのコーディネートなど都市と農村の交流を推進するNPO活動に従事した後、道庁の労働組合時代のご縁で、政治の道を選びました。

だいたい10年ごとに大きな転機があった私ですが
これからの人生の時間は、社会企業家的地方議員を100人つくることをはじめ、こどもたち、若い人たちを応援することに集中したいと思っています。

プライベートでは、気ままなひとり暮らしを満喫中。
大の温泉、銭湯好き。
チャンスがあれば、エネルギー独立型のエコ銭湯を経営してみたい。
完全なワーカホリック、働きすぎ人間ではありますが、最近は、ヨガにはまっています。
地域のヨガサークルで週1回教えられるような70歳になってたら嬉しいですね。

他には、着物、ヨガ、旅、ハガキ絵、「館」めぐり、そして、やっぱり、北海道の未来のために働くことが大好きです。

ドラッカー読書会FT。91期エクスマ塾生。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

このページの最上部へページの最上部へ