北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ

東北地方太平洋沖地震 1日も早い救援を

ひろまる日記

11日午後2時46分頃に発生した
東北地方太平洋沖地震と津波被害による
犠牲者の方に心から哀悼の意を表し
1日も早く救援の手が届くことを願います。

また原子力発電所の状況も
できるかぎり速やかに
改善することを祈っています。

情報がもう少し整理をされて
遠方である北海道の地から
具体的に何ができるか、
自分たちにできることを
冷静に実行していきましょう。

民主党北海道においても
「東北地方太平洋沖地震
民主党北海道対策本部」が設置をされ
道内の現地調査含め
状況の把握と今後に向けた対策に
とりくむこととなりました。

私自身の
今日明日中の地域まわりの行動は
「自粛」させていただくこととなりましたが
「お茶の間懇談会」は
私の意思で
あえて開催させていただくことにしました。

このような未曾有の災害の時こそ
話を、気持ちを聞きあう場が必要です。
家族・親戚、知人、友人の方の安否を
心配している方もいらっしゃるでしょうし
一方的にテレビ報道・情報を
(もちろん必要な情報もありますし
重要な役割も果たしていました)
受動的に受け止めるだけでは
恐怖やあせりが蔓延してしまって
ほんとうに必要なサポートができなくなります。
この災害に対して
私たち北海道の果たす役割は
重要かもしれません。

早稲田商店街の
震災疎開パッケージの北海道版など
手をつけたくて実現できていなかったことを
改めて実現に向けて準備しなければと
思っています。

以下、
まず、私にできることとして
直接、今、被災されている方には
助けにならないかもしれませんが
ご家族などと連絡が取れない方へ
災害伝言ダイヤルの紹介を
させていただきます。

災害伝言ダイヤルは
1度に800万件の処理能力があるので
災害の混乱時に有効なサービスです。
使い方は以下の通りです。
普段から私たちも、
どこかにメモしておき
ご家族などと打ち合わせされるなど
備えが必要かもしれません。

【伝言の登録】

1. ダイヤル「171」の後に「1」。
2. 自宅の電話番号を市外局番からダイヤル
3. 伝言 例「○○です。無事です。○○にいます。」
(伝言内容は30秒以内)

※伝言保存期間  録音してから2日(48時間)
※伝言蓄積数  1電話番号あたり1~10伝言

【伝言の再生】
1. 1.ダイヤル「171」の後に「2」。
2. 2.連絡を取りたい相手の電話番号を市外局番からダイヤル
(登録されたメッセージを聞くことができます)

【利用できる電話】
一般電話(プッシュ、ダイヤル共)
公衆電話
携帯電話・PHS(一部を除く)

この記事の投稿者

広田まゆみ

北海道の自立と未来のための志事人、広田まゆみです。
函館生まれ札幌育ち。現在は、白石区在住で、北海道議会議員として活動中。

札幌市立向陵中、札幌西高、北海道大学を卒業後、北海道庁職員として、日高管内浦河町で生活保護のケースワーカーが最初の仕事です。
その後、労働組合の女性部長なども経験し、自分探しが高じて、11年務めた道庁を退職。
空知管内の雨竜町に移住します。

約8年、農家民泊や、農作業ボランティアのコーディネートなど都市と農村の交流を推進するNPO活動に従事した後、道庁の労働組合時代のご縁で、政治の道を選びました。

だいたい10年ごとに大きな転機があった私ですが
これからの人生の時間は、社会企業家的地方議員を100人つくることをはじめ、こどもたち、若い人たちを応援することに集中したいと思っています。

プライベートでは、気ままなひとり暮らしを満喫中。
大の温泉、銭湯好き。
チャンスがあれば、エネルギー独立型のエコ銭湯を経営してみたい。
完全なワーカホリック、働きすぎ人間ではありますが、最近は、ヨガにはまっています。
地域のヨガサークルで週1回教えられるような70歳になってたら嬉しいですね。

他には、着物、ヨガ、旅、ハガキ絵、「館」めぐり、そして、やっぱり、北海道の未来のために働くことが大好きです。

ドラッカー読書会FT。91期エクスマ塾生。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

このページの最上部へページの最上部へ