北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ

【広田まゆみのすっきりマンデー】9月2日(生放送)&9日(収録)のゲストは早川寿保さん。独立型太陽光発電とアーシングについて再びお話を聞きました

本日9月2日の広田まゆみのすっきりマンデーは、

はじめてですが、2日分の収録でした。

9月9日は、一斉常任委員会で私は放送を担当できないので。

そこで、お願いしたのが、うちの事務所に独立型太陽光発電のしくみを

設置してくれたイオさんこと 早川寿保 さん。

 

独立型太陽光発電とアーシングを二本柱に、

Facebookのつながりや口コミなどで、全国でワークショップを展開しています。

昨年の9月6日の胆振東部大震災の後、

札幌市も含め全道がブラックアウトを体験しました。

そのことを私は忘れることができません。

SNSが新しい時代のライフラインとして有用であったことは明らかですが

一方で、電源を喪失した多くの皆さんの不安、混乱も

目の当たりにしてきました。

そこで、この白石区、そして、北海道に一つでも多くの独立型太陽光発電を設置する

お宅や事業を増やしたというのが、私の今期の目標の1つです。

その最初の第1歩がやっとかないました。

イオさんの講座は、通常は、DIYのように

参加者のみなさんがご自身で電気を発電することを応援する

体験型のワークショップです。

概算でお1人3500円の参加費で10人集まる会を主催できれば

日程が調整できれば、全国どこでも行きますよと

言ってくださっています。

 

私の事務所は、残念ながら「DIYで自力で設置」ではなく、イオさんに設置をお願いしました。

賃貸物件であることと、商店街の表通に、かつ、安全に設置したいということもあり、

手間賃も含めて13万円程度かかりました。がんばりました(笑)

しかし、ご自宅にDIYで設置すれば、費用は、この半分以下になるはずです。

ソーラーパネル、バッテリー、チャージコントローラーなどの部品を

調達できれば、災害時の最低限の通信機器の電源が十分に確保可能です。

今後は、災害通信用ラジオの活用を

エムエムしろいしのみなさんと協働で挑戦していきたいと思っています。

本郷商店街にある事務所のお向かいの電気屋さんに調達をお願いしている

スピーカーができしたい、

日常的には、コミュニティFMの放送を、商店街に向けて

適切な音量と時間帯に流していきたいと思います。

9月9日の放送は、

続いて、イオさんこと 早川寿保 さん から

電磁波のこと、そして、電磁波から心と体を守るアーシングについて

お伝えしています。

そして、9月9日からの週のあなたへのメッセージも

レギュラーアシスタントの五十嵐由家さんからお伝えしています。

是非、お聞きくださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

よかったら、下のボタンを押して、応援してくださいね。

 

この記事の投稿者

広田まゆみ

北海道の自立と未来のための志事人、広田まゆみです。
函館生まれ札幌育ち。現在は、白石区在住で、北海道議会議員として活動中。

札幌市立向陵中、札幌西高、北海道大学を卒業後、北海道庁職員として、日高管内浦河町で生活保護のケースワーカーが最初の仕事です。
その後、労働組合の女性部長なども経験し、自分探しが高じて、11年務めた道庁を退職。
空知管内の雨竜町に移住します。

約8年、農家民泊や、農作業ボランティアのコーディネートなど都市と農村の交流を推進するNPO活動に従事した後、道庁の労働組合時代のご縁で、政治の道を選びました。

だいたい10年ごとに大きな転機があった私ですが
これからの人生の時間は、社会企業家的地方議員を100人つくることをはじめ、こどもたち、若い人たちを応援することに集中したいと思っています。

プライベートでは、気ままなひとり暮らしを満喫中。
大の温泉、銭湯好き。
チャンスがあれば、エネルギー独立型のエコ銭湯を経営してみたい。
完全なワーカホリック、働きすぎ人間ではありますが、最近は、ヨガにはまっています。
地域のヨガサークルで週1回教えられるような70歳になってたら嬉しいですね。

他には、着物、ヨガ、旅、ハガキ絵、「館」めぐり、そして、やっぱり、北海道の未来のために働くことが大好きです。

ドラッカー読書会FT。91期エクスマ塾生。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

このページの最上部へページの最上部へ