北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ

白石情報交流サロン~市民のなかから政治改革を

ひろまる日記

昨夜は、毎月恒例の
白石情報交流サロンでした。
白石区菊水の喫茶店
リファインドさんで毎月行っています。
動物愛護推進計画バーライズプランを
切り口に、いわゆる多頭飼いで
報道でも取り上げらている
石狩市の今さんの168頭の犬たちの
今後をめぐって
何ができるかを意見交換しました。
この内容については、
あとでブログで紹介したいと
思いますが、
ここでは、別の観点からご報告。

行政に、よりきめ細やかな対応や
厳しい規制を求める声もありました。
一方で、現在、世論の動向も含めて
行革法などの法制度も含めて
とにかく自治体職場のコストカットをすること、
人を減らすべきだという風潮があります。
ところが、とにかく
行政にいろいろ判断してほしい、
仕事をしてほしいという人が多い傾向が
地域のなかには多いのも事実です。
このズレが、教育問題や、
介護や雇用など生活に密接する問題の
解決を探るときに
障害になっていると感じることが
最近、多いです。

予算の優先順位の意思決定が
中央政府の遠いところや
自治体できめられる部分も
ある意味、ブラックボックスのなかにあり、
一番の当事者である住民に
意思決定の当事者であるという意識が
欠けていて、勉強していないマスコミの
論調に流されるという状況にあります。

もちろん、これは政治の責任でもありますので
政権交代、地方議会改革を
まさに市民が主役の地域づくりを行っていきたい、
そのためにも、これまで行ってきた
白石情報交流サロンなど
草の根のお茶の間の情報交流の場を通し
具体的な事例解決の方法を探ると同時に
大きな考え方の軸を
地域のなかで共有したり、議論できる場を
増やしていきたいと思います。

来月からは、毎月第3木曜日に
変更になりますが
ご都合がつけば是非、お越しください。
また、北海道中に
それぞれの草の根の情報交流サロンを
どんどん増やしていきましょう。

今日は、これから
人事院勧告の取り扱いをめぐっての
臨時議会。
私は、このスタンスで
議論に臨みたいと思います。

この記事の投稿者

広田まゆみ

北海道の自立と未来のための志事人、広田まゆみです。
函館生まれ札幌育ち。現在は、白石区在住で、北海道議会議員として活動中。

札幌市立向陵中、札幌西高、北海道大学を卒業後、北海道庁職員として、日高管内浦河町で生活保護のケースワーカーが最初の仕事です。
その後、労働組合の女性部長なども経験し、自分探しが高じて、11年務めた道庁を退職。
空知管内の雨竜町に移住します。

約8年、農家民泊や、農作業ボランティアのコーディネートなど都市と農村の交流を推進するNPO活動に従事した後、道庁の労働組合時代のご縁で、政治の道を選びました。

だいたい10年ごとに大きな転機があった私ですが
これからの人生の時間は、社会企業家的地方議員を100人つくることをはじめ、こどもたち、若い人たちを応援することに集中したいと思っています。

プライベートでは、気ままなひとり暮らしを満喫中。
大の温泉、銭湯好き。
チャンスがあれば、エネルギー独立型のエコ銭湯を経営してみたい。
完全なワーカホリック、働きすぎ人間ではありますが、最近は、ヨガにはまっています。
地域のヨガサークルで週1回教えられるような70歳になってたら嬉しいですね。

他には、着物、ヨガ、旅、ハガキ絵、「館」めぐり、そして、やっぱり、北海道の未来のために働くことが大好きです。

ドラッカー読書会FT。91期エクスマ塾生。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

このページの最上部へページの最上部へ