北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ

ひろまる相談サロン開催のお知らせ~なぜ、毎月1回開催してるの?

お風呂大好き!銭湯で地球を元氣にしたい

北海道議会議員の広田まゆみです。

なぜ、銭湯っていうのは、前回のブログをどうぞ~。

「銭湯で地球を元氣に」ってどういうこと?~私の夢を語ってみました。

今日は、「ひろまる相談サロン」のお話

「ひろまる相談サロン」とは、

ほぼ毎月1回、開催し続けてきた

原則予約制の個別相談の会なんです。

おそらくもう80回を超えました。

 

目印は、このソーラーパネル。事務所の前に設置した独立型太陽光発電のパネルです。

いつもは、白石区内のいろいろなカフェの片隅をお借りして

開催しています。

しかし、お願いしたいなと思っていたカフェが、

コロナウイルス対策の影響などでお休みなので(泣)

今月は、本郷商店街にある事務所にて開催します。

 

3月19日(木) 13:00~16:00の間で
ご予約の上、お好きな時間にいらしてくださいね。

 

ご予約は、こちらからどうぞ。

https://www.facebook.com/events/474742283078869/

お電話の方は、011-860-8666

 

もちろん、コロナウイルス対策の影響によるご相談もお受けします。

相談窓口をご紹介したり、今時点で使えそうな制度のご紹介が

中心になってしまうかもしれませんが、

まずは、お話を聞かせてください。

コロナウイルス対策による影響を受けているみなさんへの相談窓口の一覧表です。

相談サロンをはじめた理由~政策のはじまりを透明公開にしたい!

さて、10年以上にわたって、ほぼ毎月1回開催してきた

「ひろまる相談サロン」。

私には、ちょっとこだわりがあるんです。

 

私が、地域のカフェの片隅をお借りして

どなたでも参加できるオープンな場で

お話をお聞きすることにこだわっているのは、

「政策の発生源」を誰にとっても
アクセス可能で開かれたものにしたいからです。

 

「政策の発生源」という言葉に出逢ったのは、

日本で初めての策定された

栗山町議会基本条例でした。

栗山町の条例の一部を以下転載します。

 

以下一部抜粋
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(町長による政策等の形成過程の説明)
第6条 町長は、議会に計画、政策、施策、事業等(以下「政策等」という。)を提案する
ときは、政策等の水準を高めるため、次に掲げる政策等の決定過程を説明するよう努め なければならない。
(1) 政策等の発生源
(2) 検討した他の政策案等の内容
(3) 他の自治体の類似する政策との比較検討
(4) 総合計画における根拠又は位置づけ
(5) 関係ある法令及び条例等
(6) 政策等の実施にかかわる財源措置
(7) 将来にわたる政策等のコスト計算
2 議会は、前項の政策等の提案を審議するに当たっては、それらの政策等の水準を高め
る観点から、立案、執行における論点、争点を明らかにするとともに、執行後における 政策評価に資する審議に努めるものとする。

【解説】
1 町長は、政策水準が高まるような議論が行われるよう政策等の(提案に至る)過 程を明らかにし、7項目にわたる情報の提供をすることを規定。

2 議会は、町長から提供された情報をもとに論点、争点を明確し、政策等執行後の評価 に役立つような審議に努めることを規定。

以上 
全文を参照されたい方はこちらをご覧ください。
↓ ↓↓↓↓
http://www.town.kuriyama.hokkaido.jp/gikai/activity/file/a_002.pdf

 

この栗山町の議会基本条例は、首長に対して

政策の発生源の説明を求めるものです。

私は、この議会基本条例を読んだとき、非常に重要だと思いました。

政策のスタートが、誰かのオトモダチとか

どこかの密室からスタートさせてはいけないのです。

それが、民主主義政治、住民自治の最低限の土台だと思っています。

 

残念ながら、北海道議会の議会基本条例には盛り込めませんでしたが、

せめて、私自身の議員活動においても、

この栗山町議会基本条例を応用して、

政策の発生源は、常に透明で、だれにとってもアクセス可能にしておきたいと決めました。

 

今日ご紹介した「ひろまる相談サロン」だけではなく、

道議会での公開勉強会の開催や、SNS、コミュニティラジオ番組などの発信にも

今まで以上に力をいれていきたいと思っています。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

よかったら下のボタンをポチッとして

応援してください。

 

日々の議員の日常的な活動は、Twitterで公開していますので、

そちらも是非フォローしてくださいね。

この記事の投稿者

広田まゆみ

北海道の自立と未来のための志事人、広田まゆみです。
函館生まれ札幌育ち。現在は、白石区在住で、北海道議会議員として活動中。

札幌市立向陵中、札幌西高、北海道大学を卒業後、北海道庁職員として、日高管内浦河町で生活保護のケースワーカーが最初の仕事です。
その後、労働組合の女性部長なども経験し、自分探しが高じて、11年務めた道庁を退職。
空知管内の雨竜町に移住します。

約8年、農家民泊や、農作業ボランティアのコーディネートなど都市と農村の交流を推進するNPO活動に従事した後、道庁の労働組合時代のご縁で、政治の道を選びました。

だいたい10年ごとに大きな転機があった私ですが
これからの人生の時間は、社会企業家的地方議員を100人つくることをはじめ、こどもたち、若い人たちを応援することに集中したいと思っています。

プライベートでは、気ままなひとり暮らしを満喫中。
大の温泉、銭湯好き。
チャンスがあれば、エネルギー独立型のエコ銭湯を経営してみたい。
完全なワーカホリック、働きすぎ人間ではありますが、最近は、ヨガにはまっています。
地域のヨガサークルで週1回教えられるような70歳になってたら嬉しいですね。

他には、着物、ヨガ、旅、ハガキ絵、「館」めぐり、そして、やっぱり、北海道の未来のために働くことが大好きです。

ドラッカー読書会FT。91期エクスマ塾生。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

このページの最上部へページの最上部へ