北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ北海道議会議員 広田まゆみ公式ブログ

コミュニティFMのお話~普段やっていないことが非常時にできますか?

みなさん、お元氣ですか?

お風呂大好き!銭湯で地球を元氣にしたい

北海道議会議員の広田まゆみです。

銭湯にはなかなか行けてない私ですが、

今日も元氣に

コミュティFMの生放送番組に出演してきたところ。

なので、今日は、

コミュニティFMについて書きます。

コミュニティFMって何?

コミュニティ放送局は、市区町村の一部の区域において、

地域の商業、行政情報や独自の地元情報に特化し、

地域活性化に役立つ放送を目指すことを目的に

平成4年1月に制度化されたFM放送局のことです。

 

全国には、コミュニティFM局は332局(2019年12月現在)

北海道には、28のコミュニティ放送局があります。

北海道内コミュニティ放送局の開局状況(平成31年2月1日現在) 出典 総務省北海道通信局

日本においては、電波の使用は、総務省によって管理されており、

コミュニティ放送の放送出力(空中線電力)は、原則20ワット以下。

概ね半径5~15Km程度をカバーします。

76.1MHzから94.9MHzのFM放送の周波数帯の電波を利用するため、

一般に市販されているFMラジオやカーラジオで聴くことができます。

 

出典:総務省北海道通信局

 

担当番組は「広田まゆみのすっきりマンデー」

たった今も、地元白石区のエフエムしろいしさんで

生放送の番組を終えてきたところ。

月曜日の午前中の10:30~11:30の生放送で

広田まゆみのすっきりマンデーという番組を

担当させていただいています。

毎週、ゲストをお招きしてお話を聞いています。

今日3月16日のゲストは、「和クササイズ」創設者の杉本季依美さん。

日本人の骨格にあった、年齢を超えて無理なく動く所作を身につける

エクササイズを本郷通7丁目のスタジオや市内各所で教えています。

おすすめですよ-。

是非、インバウンドのお客様にもご紹介したいと思っています。

 

 

これまでに、ご出演いただいたゲストさんのお話も

だいたいブログにてご紹介しています。

よかったらあわせてご覧ください。

↓ ↓ ↓

【広田まゆみのすっきりマンデー】萱野智篤さんにフェアトレードタウンについて訊きました!

コミュニティFMに期待される災害時の役割~まさかの時は地域に貢献したい

最近では、地方自治体と連携して、コミュニティ放送局等が

緊急時にラジオを自動的に起動させて緊急告知放送等を

提供するといった取組も注目されています。

 

私が最初にコミュニティFMに

興味を持ったのも、東日本大震災がきっかけでした。

東日本大震災に伴う臨時災害FM局などが、

災害情報だけではなく、

きめ細かい地域単位の支援情報や、

心がホッとする音楽などを流し続けていたことに注目しました。

もし、日常的に番組を持っていれば

万が一、災害があった場合に地域に貢献できると思ったのです。

 

さらに、胆振東部大震災のブラックアウトの経験も踏まえて

私の事務所では、独立型の太陽光発電のパネルを設置しました。

そして、その電力と、エフエムしろいしさんから貸与していただいた

緊急告知FMラジオを使って、

日中は商店街にエフエムしろいしの放送を流しています。

実際に、災害時の活用には、

まだいくつかのハードルがありますが…。

 

事務所の前に設置した独立型太陽光発電のパネルです。日中は商店街にラジオ番組を放送。

 

さて、東日本大震災の時には、ご縁がつながらなかったのですが、

不思議なことに、今回、4期目スタートして直後、

立て続けにご依頼があって、今2つの番組を持っているんです。

もう1局が、厚別区のFMドラマシティさん。

↓ ↓ ↓

【広田まゆみのイノベーション北海道】6月のテーマは北海道のがん対策

 

ちょっとたいへんだけど議員である限りは、番組、続けます

前回のブログにも書かせていただいたのですが、

私にとって、政策の発生源の情報公開や共有は

政治家としての必須条件。

 

そう考えると、

2期目までは、白石区内のカフェで月1回開催してきた

情報交流サロン(相談サロンとは別)でしたが

3期目には道議会での開催にシフト。

(ここでは、行政、議員、市民の新しい関係性も模索)

 

そして、4期目には、コミュニティFMという形で

政策の発生源や形成過程について、より多くの方に、

公開、共有することが可能だと、

このブログを書きながら、改めて

自分自身の中でも整理されてきました。

 

一方で。今、YouTubeなど動画が全盛になりつつあり、

コストもかかるコミュニティFMのこれからは

なかなか厳しいかもしれません。

しかし、災害時の対応など、

コミュニティFMでなければできないこともあるはず。

 

正直、2つの番組は、いろいろな意味で、なかなか大変。

えも、試行錯誤しながらですが、議員として

現職である限りは、番組を続けていきたいと思っていますので

応援してくださいね。

 

コミュティFMは電波は地域限定ですが、
インターネットでどの地域からでも視聴可能です。
下のサイトから、是非、エフエムしろいし(毎週月曜日10:30~11:30)と
FMドラマシティ(毎週水曜日19:00~20:00)を探してくださいませ。
http://www.simulradio.info/

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よかったら下のボタンを押して応援よろしくお願いいたします。

 

追伸)

もし、私が銭湯を運営できる時が来たら、

コミュニティFMを銭湯の中で流してみたいなとも、

思っています。

日常的に親しんでもらってなければ、

いざという時、災害の時にも使えないから。

この記事の投稿者

広田まゆみ

北海道の自立と未来のための志事人、広田まゆみです。
函館生まれ札幌育ち。現在は、白石区在住で、北海道議会議員として活動中。

札幌市立向陵中、札幌西高、北海道大学を卒業後、北海道庁職員として、日高管内浦河町で生活保護のケースワーカーが最初の仕事です。
その後、労働組合の女性部長なども経験し、自分探しが高じて、11年務めた道庁を退職。
空知管内の雨竜町に移住します。

約8年、農家民泊や、農作業ボランティアのコーディネートなど都市と農村の交流を推進するNPO活動に従事した後、道庁の労働組合時代のご縁で、政治の道を選びました。

だいたい10年ごとに大きな転機があった私ですが
これからの人生の時間は、社会企業家的地方議員を100人つくることをはじめ、こどもたち、若い人たちを応援することに集中したいと思っています。

プライベートでは、気ままなひとり暮らしを満喫中。
大の温泉、銭湯好き。
チャンスがあれば、エネルギー独立型のエコ銭湯を経営してみたい。
完全なワーカホリック、働きすぎ人間ではありますが、最近は、ヨガにはまっています。
地域のヨガサークルで週1回教えられるような70歳になってたら嬉しいですね。

他には、着物、ヨガ、旅、ハガキ絵、「館」めぐり、そして、やっぱり、北海道の未来のために働くことが大好きです。

ドラッカー読書会FT。91期エクスマ塾生。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

このページの最上部へページの最上部へ